鹿児島県

トルコのキリムと写真展

【鹿児島県姶良市蒲生町】


来たる2017年3月17日より鹿児島県姶良市蒲生町にある和紙ギャラリーにて、「トルコのキリムと写真展」が開催されます。

以下メディアリリースです。
~~~~~~~~~~
鹿児島県姶良郡蒲生町の「和紙ギャラリー」で催す「トルコのキリム展」についてご案内致します。

キリムとは起毛のない平織りの織物の総称のことで、元々は遊牧民が生活のもとで使っていたものです。紀元前5~6世紀頃にトルコから発祥したと伝えられていますが、全てが手作りでその文様は織り手の豊かな発想から出来上がることから一つとして同じものは存在しません。一度使えば、天然素材の持つ素朴な色や風合いに魅了されるでしょう。

キリムは絨毯と違い、毛足がありませんので薄くて軽い織物です。ですので敷物として使うだけでなく、壁にかけてまるで絵のように飾ったり、ソファやベッドに掛けるカバーとしても使えます。その用途はまさに多種多様です。また、そのキリムを使ったクッションや座布団カバー、バッグなども人気の品でございます。

私共は独自のルートで幅広いネットワークを持っておりますので、良質のキリムを低価格で仕入れることができます。自分の目で吟味し直接仕入れたキリムは、どこにも負けない質と量だと自負しております。

日本一の大クスで有名な、蒲生町に存在する「和紙ギャラリー」様は、静かな山の中にあります。山道を進み、急な坂を上がると、一軒の大きな民家があります。その庭には、オーナー様が収集された珍しい花々や草花が咲き乱れています。ギャラリー様は和紙の創作や紙布織りなどをされていて、機織り教室も盛んです。トルコのキリムも同じ織物ですが、同じ織物製品とは思えないほど、それぞれに特色があり、表情も豊かです。鹿児島では年に一度の「トルコのキリム展」となります。蒲生町のみなさまにも、ぜひキリムの良さを感じて頂きたいと思います。

今回は、トルコの文化も皆様に知って頂こうと思い、「トルコの写真展」と称しましてトルコの自然や生活を映した写真も30点ほど展示致します。トルコの人たちの日常を皆様にご紹介致します。

なお、期間中には映画鑑賞会も開催致します。
ターキッシュエアラインズ様からご提供頂きました。

2015年公開の日本・トルコ合作映画「海難1890」を無料上映致します。トルコと日本の昔からある不思議な繋がりのきっかけを知ることができます。

鑑賞会は2017年3月17日(金)16:00~となっております。
入場無料ですので、皆様お誘い合わせの上、お気軽にご来場ください。

会場:鹿児島県姶良郡蒲生町久末2409-2
TEL0995-52-8993
日時:2017年3月15日(水)~3月20日(月)
11:00~18:00(最終日は17:00まで)

約500点のキリムを展示販売致します。

ぜひ、皆様ご自分だけの一枚をお探し下さいませ。

また、展示期間中は「トルコのお茶会」と称しまして、トルコの紅茶(チャイ)や菓子を試飲試食して頂ける機会を設けました。本場のお茶やお菓子を体験して頂ける機会は滅多にございません。ぜひお客様に楽しんで頂きたいと存じます。(入場無料)
~~~~~~~~~~

この催しについてのお問い合わせは会場の「和紙ギャラリー」か「株式会社ゲリシゥムマーブル&カーペット エンシジムラート」までお願いします。

株式会社ゲリシゥムマーブル&カーペット
エンシジムラート
〒819-0161
福岡市西区今宿東1-14-2
TEL&FAX 092-806-3049

関連記事:たぶんアラビアンナイトの空飛ぶ絨毯はこんな感じ

■和紙ギャラリー
住所:姶良市蒲生町久末2409-2(高牧カントリークラブ近く)
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日
駐車場:3台
TEL:0995-52-8993
和紙ギャラリーHP:http://www.washi-gallery.sakura.ne.jp/

関連記事

  1. 和菓子で楽しむクリスマスはいかが?
  2. 霧島SAスタッフが熱く語るご当地キャラクターひなも
  3. 照国神社から街を見守る斉彬像レリーフの意味とは?2
  4. 「五代」様をテーマにした歴史講演とグルメの夕べ
  5. 桜島に隠された謎を解き明かせ!『リアルお宝ラリー』
  6. 鹿児島国際大学本格オペラ 「ドン・ジョヴァンニ」
  7. 回らない御寿司屋さんのアゴ肉ランチはボリューム満点
  8. 猫!ネコ!ねこ!猫まみれの2日間!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP