鹿児島県

照國神社新春縁起初市は今日2月6日から開催

【鹿児島市照国町】
▲『おっのこんぼ』(起き上がり小坊師)の製作風景。新春縁起初市では無病息災を願ってこの人形を買い求めます。

鹿児島市の輝國神社では今日2016年2月6日より新春縁起初市を開催。物産品や骨董品の販売や犬猫の里親探しなども行われます。

食料品や工芸品は市価の3割程安い価格で販売される事もあり、この初市を楽しみにされている方は多いのではないでしょうか?

 ここの初市の由来は、江戸中期に行われていた人形市が元になります。
鹿児島では一月遅れでひな祭りを行うのですが、この人形市で県内各地の郷土人形と着物のはぎれを買い求め、4月3日のひな祭りに合わせて娘の為に母親がひな人形の製作を行うという習わしがありました。
この人形市は戦前に途切れてしまうのですが、昭和56年に縁起初市として復活。
昔の様にひな人形を作る事は無くなりましたが、旬の食料品や地元の工芸品、縁起担ぎの『おっのこんぼ』(起き上がり小坊師)を買い求める初市に生まれ変わり現在に至ります。

関連記事:照國神社節分祭豆まき神事奉仕者募集

●縁起初市祭り
開催日時:2016年2月6日(土)・7日(日)・11日(木祝)・13日(土)~14日(日)
9:00~16:30

■照國神社
住所:鹿児島県鹿児島市照国町19-35
アクセス:市電 天文館電停下車徒歩5分
照国神社HP:http://www.terukunijinja.jp/

関連記事

  1. 福岡天神のコスプレ人気店によるワンコイン体験会
  2. 鹿児島湾にイルカを探しに行こう!
  3. 鹿児島県内で行われる歴史講座一覧(2016.12)
  4. 意外な発見があるかも!?「国分郷土館」
  5. お茶マニアの女子大生たちが鹿児島茶をご紹介
  6. パラレル世界の桜島から大噴火前に脱出せよ!
  7. 2016新春寄席「龍馬とお龍と薩長同盟」と歴史講座
  8. 戦国以前から幕末までの薩摩にまつわる仮面文化を講演

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP