鹿児島県

カメラ愛好者オススメの平川動物公園撮影スポット

【鹿児島市平川町】
 鹿児島でもカメラの愛好者は多いですね。「これからカメラを始めてみたい!」「カメラは持っているのだけれども、すっかり活躍の機会を失っている…。」という方。今度の休みは平川動物公園へ撮影に行ってみませんか?
今回はIT TREK代表で撮影愛好家の池田丈二さんに平川動物公園でのオススメ撮影スポットについて語っていただきました。

~~~~~~~~~~

アマチュアカメラマンの池田です。鹿児島市南部の森の中にある、平川動物公園の撮影スポットを紹介します。

たくさんの動物を間近に観察できる、子供達に人気のスポットですが、多種多様な動物達の表情を押さえるために訪れる、カメラマンにとっても魅力的な場所です。今回用意したレンズは、200mmの大口径単焦点レンズ。35mm換算で300mm近い望遠ですが、このくらい遠くが写せるレンズだと、肉眼で「ちょっと遠いかな」と思うくらいの被写体を、ダイナミックに引き寄せることができます。最近はコンパクトデジタルカメラでも、望遠300mmや30倍ズームというものが発売されているので、手軽にこのような写真が撮れるかもしれませんね。
 まずは、撮影時に気をつけたいテクニックをいくつか紹介しておきます。

・基本的にフラッシュは使用しない。
動物に刺激を与えるだけでなく、他の観覧者も驚かせてしまいますし、そもそもガラス越しや望遠撮影ではあまり意味を成しません。フラッシュなしで撮れるような、口径が大きくて明るいレンズ(f2.8など)を使いましょう。
・ガラス越しの撮影では、レンズを極力ガラスに近づける
撮影者の影や光の屈性などの影響で、ガラス越しの撮影もなかなか難しいものがあります。一眼レフですとレンズの周りを暗幕で覆ってみたりもしますが、ガラスに近づける事で、多少光のイタズラを緩和できます。飛行機や電車の中から外を撮る際にも使えますね。

・タイミングやスケジュールを合わせる
夜行性の動物は早朝か閉園間際しか活動しておらず、真っ昼間に訪れてもお昼寝中の事が多いので注意。イベント案内をあらかじめチェックして、お食事タイムを狙うのもポイントですね。夏休み期間中の夜間開園も面白いですよ。
また、平川動物公園は現在、大規模なリニューアル工事中で、北海道の旭山動物園で注目された行動展示が可能な施設が、少しづつお披露目されています。工事の都合で順路が頻繁に変わるので、お目当の動物にたどり着くまでの時間配分も必要でしょう。
動物に触れることができるタッチングコーナーや、通路に突然飛び出してくるオーストラリアの自然ゾーンなどでは、子供達と動物が触れ合うスナップも撮ることができます。こういう広い景色を撮るときのために、広角レンズも持って行った方がよいですね。
・比較的撮りやすい場所は?
アフリカ園、フライングケージ、ふれあいコーナー、ペンギン、ラマ、ゾウなど。

レポーター:池田丈二
プロフィール:IT TREK代表
ITインストラクター、IT技術者
webデザイナー、カメラマン
かごしま検定シニアマスター
オフィシャルサイト:http://www.it-trek.com/
facebookページ:https://www.facebook.com/jouji.ikeda

■平川動物公園
住所:鹿児島県鹿児島市平川町5669-1
TEL:099-261-2326
開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日:12月29日~1月1日
入園料:一般(高校生以上)500円 小・中学生100円
駐車場:630台
大型自動車及びバス 1回 400円
上記以外の車(普通車・軽自動車)1回 200円
アクセス:JR五位野駅より徒歩約20分
その他:ベビーカーや傘などの貸し出し有り(有料)
平川動物公園HP:http://hirakawazoo.jp/
平川動物公園FBページ:https://www.facebook.com/hirakawazoo
平川動物公園Twitterアカウント:@hirakawazoo

関連記事

  1. カップルだけでなく家族連れも楽しい縁結びの知林ヶ島
  2. ホワイトタイガーの赤ちゃん誕生!来年は動物バスも!
  3. ギネス級のシャッターチャンス!桜島大根イベント
  4. 岩壁一面に1,700体もの仏様が!?竜ヶ城磨崖梵字
  5. 溶岩から中から桜が!?桜島の「根性桜」
  6. 平川動物公園の動物たちが見せる冬の光景
  7. 戦国島津の兜を実際に作ってみるワークショップ
  8. 鹿児島のサッカーファンが集うオフィシャルカフェ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP