グルメ

2日で4600杯を売り上げた『舟渡ラーメン』

東京都板橋区の名物『舟渡ラーメン』を紹介する。
店舗では食べることができず、板橋区の大きなイベントの特設テント、もしくは自分で調理するパック商品でのみ味わうことのできる一風変わったベストセラーだ。

▲板橋区の各種イベントで提供される『舟渡ラーメン』(400円)。スープはあっさりした醤油味、麺はやや細めだ。具はチャーシュー、焼き海苔、なると、長ネギ。どこか懐かしい、ほっとする味のラーメンである

■イベント編

調理された『舟渡ラーメン』を食べられる機会は、年に5回(チャリティーイベントなどのクローズドな催しを除く。カッコ内はおおよその開催時期)。
「昭和&東京の屋台ラーメン」を思わせる、しみじみとおいしいラーメンがそこにある。
この記事の公開後の直近となるイベントは10月の板橋区民まつり。待ち遠しい!

・板橋Cityマラソン(3月下旬)
・舟渡桜まつり(3月下旬)
・板橋区民まつり(10月中旬・2日間)
・職業能力開発センター技能祭(11月3日)
・板橋農業まつり(11月中旬・2日間)

▲『舟渡ラーメン』には行列がつきものだが、オペレーションが洗練されているので待ち時間はさほど長くない。調理しているのはボランティア団体『リバーサイド舟渡』のみなさん

▲見てよ、この麺箱の山を。ひと箱42玉入りだから……計算できん!

■パック商品編

『舟渡ラーメン』には自分で調理するためのパック商品も存在する。調理法は一般的なチルド麺と同じで、スープをお湯で割り、茹でた麺と合わせる方式だ。トッピングはお好みで

▲2食分で240円(税別)。パッケージのモチーフは区名の由来となっている『板橋』だ。区民が選ぶ『板橋のいっぴん』にも選出されている。一般的な製品と比べて原価がだいぶかさむ、利益の薄い商品なんだって

 ▲麺は手もみ風の中細で、クチナシ色素のためにやや黄色味を帯びている。1食分は120グラム


▲具材を多めにして調理してみた

▲スープにはあらかじめ胡椒が加えられているので丼の底に粒が残る。万人向けの飽きのこない味だ

■製造元『豊華食品工業株式会社』(以下『豊華食品』)に聞いた

もとは『珍来』という一軒の中華料理店から始まった『豊華食品』は、いまや生麺4ライン、焼きそば3ライン、餃子・ワンタン4ラインの系10もの製造ラインを有する製麺工場と、板橋区内に4軒、埼玉県内に3件の中華料理店を展開する会社に成長した。
2000(平成12)年に、創業社長の地元である板橋区舟渡のボランティア団体『リバーサイド舟渡』の依頼を受けて開発したのが『舟渡ラーメン』の事始め。
最初は『荒川市民マラソン大会』(現在の板橋Cityマラソン)に出店し、好評だったことから板橋区の祭りに出店するようになった。
年を重ねるごとに板橋区民を中心に認知され、これまでにイベントで食べられた数は30万食以上! 板橋区民(人口約55万人)のふたりにひとりが食べたと言えなくもない数字だ。
イベントでの記録は『板橋区民まつり』における「2日で4600杯!」だそう。

▲敷地面積約2800平米の製麺ファクトリー。工場内は広々としてクリーンだ

 ▲『板橋Cityマラソン』では焼き海苔が特別バージョンに。これを完走の励みにする人も多いとか

■さらにこんな商品も

▲『豚骨らーめん博多天神』(2食分・298円)。同名の人気店の味をご家庭で

 ▲『豚骨らーめん博多天神』は細麺のストレート麺。チャンポン風にしてみました(麺が見えん!)

 ▲『極太焼きそば』(3食分・198円)

▲測ってみたら太さは4ミリ近い。ほんとうに極太だ

■パック版『舟渡ラーメン』を買える場所は?

自分で調理するタイプの『舟渡ラーメン』は、『板橋のいっぴん』関連の販売イベントで買うことができるが、「いつでも」というわけにはいかない。
店舗で安定して購入できるのは、以下の3箇所だ。

・食品館小豆沢店(イトーヨーカドー)
・イトーヨーカドー上板橋店
・珍来・新板橋店(かつての呼称は千寿店)
※中華珍来はつねに在庫があるわけではなく、注文した2日後に入荷するシステム。電話予約可

▲イトーヨーカドー上板橋店

▲その1階の食品売り場に並ぶ『舟渡ラーメン』

 ▲『珍来』新板橋店。店内で提供されるラーメン(450円)は『舟渡ラーメン』と似ているが、麺の太さもスープも微妙にちがうもの

※価格は税別です

グーグルマップ
イトーヨーカドー上板橋店 → こちらの m (ピンク色・小文字)
食品館小豆沢店 → こちらの n (ピンク色・小文字)
珍来・新板橋店 → こちらの o (ピンク色・小文字)

 

■083 取材日:2016.4.28
豊華食品工業株式会社(本社)
住所:東京都板橋区舟渡2-7-7
電話:03-3558-1188

イトーヨーカドー上板橋店
住所:東京都板橋区常盤台4-26-1
電話:03-3936-4411
営業時間:1F食品9:00-22:00まで
定休日:無休

食品館小豆沢店
住所:東京都板橋区小豆沢3-9-5
電話:03-3969-2211
営業時間:10:00-21:00
定休日:無休

中華珍来・新板橋店
住所:東京都板橋区板橋1-51-5
電話:03-3963-4147
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:45)
定休日:無休

関連記事

  1. 布施のドーナツ専門店「ソネット」が石切でリニューアルオープン!
  2. 『3Dワンタンメン』と町の新名物『納豆つけ麺』
  3. 「た」は『大仏サブレー』と『たぬき』の「た」
  4. 2月7日 板橋区でコーヒー・セレモニーの体験会
  5. 『環七背脂チャッチャ伝説』の遺伝子を継ぐ店★後編
  6. 新説! 餃子は『皮』のコンテンツである
  7. 人と犬と猫と鳥と風と光と命と 板橋区・小豆沢墓苑
  8. 元祖コッペパンと『しあわせのパンのうた』 板橋区

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP