グルメ

61年めの春告魚・『惣菜処 日乃出屋』 板橋区

□「焼くための魚」をプロが焼く!□

東京都板橋区中板橋の『惣菜処 日乃出屋』を紹介する。
中板橋商店街には、初めて訪れた人に「この商店街、懐かしい」と言わせる魅力がある。なかでも『日乃出屋』は、この店だけをどこの町に持っていったとしても、たちまち周囲の空気を「懐かしの……」に一変させるパワーを持つ店だ。

▲おいしいものしか置かれていない

テレビ東京の『出没!アド街ック天国』で『ランキング4位:おかず天国』として紹介されたことからもわかるように、地元のお母さんたちにとってなくてはならない店、それが『日乃出屋』だ。
手作りの煮物と焼き魚を中心に「その日にこしらえたおいしいおかず」が所せましと店頭に並んでいる。

▲煮物は100グラムあたり100円から。量が増えると割安になる

▲『中辛さけ焼き』(180円)

▲自家製のタレをつかった照焼。お酒が恋しい!

▲『中辛さけ焼き』と『卯の花』(おから、300グラムで250円)

鮭は「焼き」も「塩」も絶妙の加減。『卯の花』には人参、茎ワカメ、こんにゃく、油揚げ、ひたし豆が入っている。

▲田舎煮(300グラムで300円)

温かいうちに食べてれば当然おいしいし、冷蔵庫で冷やしてもいける一品。焼きちくわ、ちくわぶ、薩摩揚げ、ジャガイモ、こんにゃく、山クラゲ、はす、イカ、タケノコと具だくさん。味を出すために豚肉も。

■板橋区の地域編集長・タハラの一押しは『にしん塩焼き』(300円)

▲「焼くプロ」が焼いたんだから、うまくないはずがない

にしんは小骨があるため、食べる人を選ぶ魚かもしれない。しかしワタクシは力説したい。「『日乃出屋』のにしんを喰え!」と。

▲でかい!

▲重い!

計測してみると全長30センチ、重量281グラム(もちろん個体差あり)。身が詰まっているから、一食分のおかずとしては多すぎるくらいだ。
これほどのサイズの魚を自宅でうまく焼くのは難しいし、グリルを洗うのも手間。商店街にプロがいるって、ありがたいね。

▲お腹には卵が!

にしんの卵……そう、正月の『数の子』になるアレですよ。こちらも取り出して測ってみると、16センチ・91グラムもあった。
にしんは別名を『春告魚』といい、3月から5月にかけて産卵のために北海道の西岸に近づく。つまり、卵が育ちきる「旬」は、いまなのだ。

▲よりおいしくいただくために、羽釜でごはんを炊きました

焼き魚なので遠方へのおみやげにするのは難しいけど、機会があったらぜひいちど!

■店主の蓮原成紀さんにうかがった

蓮原さんは『日乃出屋』の二代目店主。1954(昭和29)年創業というから、地元の食卓を守り続けて今年で61年になる。
先代から受け継いだ味だから『卯の花』や『田舎煮』のおいしには納得できる。では、日乃出屋の焼き魚はなぜうまいのか? 答えづらい質問だろうなあ、と思いつつ聞いてみると、即答でした。
「焼くために魚を仕入れているからです。うちは刺し身用に仕入れて残った魚を焼くのではなく、最初から焼くことを目的に仕入れますから」(蓮原さん)。じつに明快。

地元・中板橋のお客さんについても聞いてみた。「魚が値上がりしたときに、仕入れのランクをすこし落としたことがあるんです。そうしたら売れ行きがガタッと落ちちゃいました。元のランクに戻しても、売上が回復するまでには時間がかかりましたよ」だって。
中板橋のお客さんって厳しいのね。また、その経験を乗り越えてのいまだから『日乃出屋』の焼き魚がおいしいんですね。

▲蓮原成紀さん・美恵子さんご夫妻

▲お向かいは漬物の『坂井善三商店

————————————–
『惣菜処 日乃出屋』
住所:東京都板橋区中板橋17-1
グーグルマップ → こちらの g(小文字)
電話:03-3961-0653
営業時間:930分~19時
定休日:不定休
※店頭販売のみ
————————————–
(※価格はすべて税込みです)

【■038 取材日:2015.4.12】

関連記事

  1. サクラサク ひとあしはやく 桜咲く 東京都板橋区
  2. 元祖コッペパンと『しあわせのパンのうた』 板橋区
  3. 8月26日まで 伊藤キイチ作品展で『たぬ氏』に会う
  4. 100円のやきとんがこんなにウマくていいものか?
  5. いちごのショートケーキ de ロースター
  6. 都内で唯一! 秋の舌で愛でる『S級凍度』のかき氷
  7. 「鮮度のかりん糖」念願の『揚げたて』登場! 板橋区
  8. 決戦は17日 『へそ娘』候補・Final8決定!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP