おでかけ

あなたの記憶がここにある 公文書館へ行こう 板橋区

▲1950年代の国鉄『板橋』駅

 

東京都板橋区の『板橋区公文書館』を紹介する。
「公文書館? なにそれ?」と思う人も多いだろうが、それも無理はない。全国でも珍しく、東京23区のなかでは板橋区にしかない施設なのだから。
図書館は市販されている出版物を扱うところだが、公文書館にあるのは区が作成した資料や文書、写真などだ。ん? 「お堅そう」だって? でもね、そうとばかりも言えないんだな、これが。
百聞はなんとやら、今回は公文書館で借りてきた4枚の写真を紹介しよう。

 

この3月1日に開業130周年を迎えたJR埼京線(正確には赤羽線)の板橋駅。写真を拡大すると駅名の表示看板に「JNR」の文字を見つけることができる。なつかしの『日本国有鉄道』の略称だ。写真の上部にセロテープの跡があるのもそれっぽい。

▲1950年あたり(昭和20年代)の『大山』駅

東武東上線・大山駅の南口。いまは代名詞のような存在のアーケード当然のようにないが、駅の構造は現在と変わっていない。

▲現在の大山駅

▲1974年、石神井川が氾濫したときの様子

町の長老たちはいまだに「あのときは」と話題にする。

▲1945年3月4日、炎上する志村小学校

3月10日の東京大空襲、その直前の写真だ。板橋区は多くの軍需工場を擁していたため、爆撃による被害も大きかった。

『東京都平和の日』(3月10日)が近いためにシビアな写真も掲載したが、公文書館には「歴史と現在は地続きなんだ」と実感する機会となる資料がたくさん揃えられている。「知りたい気持ち」に応えてくれる、知識の宝箱のような場所なのだ。

▲公文書館はかつて小学校だった建物の2階

同じ建物の3階には海外の絵本を集めた図書館『いたばしボローニャ子ども絵本館』がある。

▲公文書館の館内の様子

————————————–
『板橋区公文書館』
公文書館のトップページ → こちら
所在地:東京都板橋区本町24-1
グーグルマップ → こちらのU
最寄り駅:都営地下鉄三田線・『板橋本町』駅から徒歩約7分
東武東上線・『中板橋』駅から徒歩約20分:
休館日:日曜日・月曜日(祝日も休館)
年末年始(12月29日~1月3日)
(火曜日から土曜日は祝日も開館)
開館時間:午前9時~午後5時

所蔵資料
移管整理隅公文書:約36500点
刊行物等の行政資料:約11000点
いたばし郷土史関係資料:約53500点
他自治体史:約1800点
写真資料:約56000点
地図資料:約1000点
————————————–

【■025 取材日:2015.3.3】

関連記事

  1. 「背泳ぎのたい焼き」季節限定『桜あん』登場 板橋区
  2. 年4回のメニュー替え 『遊食亭ろあ』の冬メニュー
  3. エチオピアのコーヒー・セレモニー 体験レポート
  4. 両面? いや、4面焼き! 「立つ」たい焼きがここに
  5. 都内で唯一! 秋の舌で愛でる『S級凍度』のかき氷
  6. 光と空間の読書体験 板橋区立志村図書館
  7. ちくわパン! 納豆パン? マルフクベーカリーの衝撃
  8. サクラサク ひとあしはやく 桜咲く 東京都板橋区

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP