グルメ

お母さんが作りそうで作らない家庭料理の店 板橋区

□3×6=18種類の『揚げたてあげぱん』 ★□

『板橋ランチその6』として東京都板橋区高島平の『ベリ・デリごはん まるうま』(以下『まるうま』)を紹介する。

定食屋と呼ぶには料理の洗練度が高すぎる。レストランではこの店の『あたたかさ』がこぼれてしまう。もうね、「まるうまさん」と呼ぶしかない、ユニーク&オンリーな店なのだ。

■全力本気の日替わり定食が毎日3種類

毎日3種類が用意される日替わり定食は、どれを選んでもスープ、小鉢×3、デザート、ドリンクがついて1080円。それぞれに『0.5人前』(780円)と『1.5人前』(1380円)が用意されていて、複数のメニューの組み合わせを楽しむこともできる。

小鉢やスープは毎日替わる。素材・調理法・彩り・栄養のバランス。どこにも妥協がない『全力の日替わり』である。

▲『ししゃもの南蛮漬け』(1080)円

ごはんは白米か雑穀、この日のスープは『かぼちゃのクリームスープ(温or冷)』と『かぶと油揚げの味噌汁』の2択だったので、白米と『かぼちゃのクリームスープ(温)』をチョイス。

6尾も入って食べ応えのあるししゃもは、あらためて「ししゃもって魚なんだ」と感じるほどに味わい深い。小鉢は『ふきとなすの煮付け』と『チャプチェ』。お米は山形県産、漬物は『糖搾り大根』だ。

▲別の日。ハーフの『完熟トマトの冷やし中華』(780円)。スープは『さつまいものクリームスープ(冷)』を選んだ

▲『鮭と野菜の揚げ出し』をハーフでプラス

■オーナーとマネージャーに聞いた

山形県のご出身で「給食のおばちゃん」を長く勤めた馬渕啓子さんは、定年を待たずに飲食店のオープンを決意する。人材派遣会社で人事を担当されていた娘のかおるさんがパートナーとなり『ベリ・デリごはん まるうま』が生まれた。母を「オーナー」、娘を「マネージャー」と呼び合う関係になったのが2006(平成18)年のこと。

店名の『ベリ』はvery、『デリ』はお惣菜を意味するデリカテッセンに、デリシャスもかかっている。『うま』はおふたりの姓から来ているのだが、いちどでも食事をすると『うまい!』の略としか思えない。

マネージャーは言う。「ランチに行って、お料理がおいしくてもお漬物がまっ黄色のパック品だったりすると、『せっかく……』と減点法になってしまう。『まるうま』は加点法のお店でありたいな」と。

■山形県と板橋区の類似点

開店以来、おふたりが毎月欠かさずに続けているのが、味のルーツである山形県新庄市への買い出しだ。マネージャーが車を運転し、泊まりがけで食材や納豆を仕入れてくる。往復で約900キロ、並たいていの気持ちで続けられることではない。

「おいしいものがたくさんあるのに、山形の人はアピール下手というかのんびりしているというか……。代わりに『こんなにすごいんだよ』と言いたくて」(マネージャー)。その『本人が気づいてないかんじ』、板橋区と似てるかも。

買い出しは毎月第3土曜日からの3日間。お店は休みとなるが、連休明けの火曜日には、ただでさえハイレベルな『まるうま』の料理が産直の力でさらに輝く。

■18通りの『揚げたてあげパン』

『まるうま』の魅力は定食だけじゃない。『区民が選ぶ板橋のいっぴん』に選ばれている『揚げたてあげパン』(200~220円)は、パンの生地と味付けの組み合わせで18通りのおいしさを楽しめる。

『給食のスター』として話題にのぼることの多い揚げパンだが、板橋区の地域編集長・タハラは「そこまでか?」と思っていた。そう告げるとオーナーが「調理の方が上手じゃなかったんですよ。揚げパンは高温の油で短時間! それがポイント」と優しく教えてくれた。

▲パン生地3種×味付け6種類

▲胚芽×麦こがし。プラス100円のアイスクリームが熱々の揚げパンにジャストマッチ!

▲テイクアウトメニューの『肉巻きおむすび』(350円)。タレの染み込み具合が、もう!

▲こんな小技も忘れません ★

外観

店内

お店のページは → こちら

グーグルマップ → こちらの M(大文字・ピンク色)

※★の写真提供:ベリ・デリごはん まるうま
※価格は税込みです

【■061 取材日:2015.6.11】

『ベリ・デリごはん まるうま』

住所:東京都板橋区高島平1-55-10 高島平サンパワー1階
電話:03-6786-5088
最寄り駅:都営地下鉄三田線『西台』駅西口から徒歩約5分
営業時間:火曜日から金曜日
11時から14時30分(食事のみ)、17時から23時(L.O.22時15分 食事とお惣菜販売)
土曜日
11時から14時30分、16時から20時(L.O.19時15分 食事のみ。お惣菜販売はありません)
定休日:日曜日、月曜日、祝祭日、毎月第3土曜日からつながる日・月曜日(3連休・山形仕入れのため)
席数:カウンター 5席(16時以後は商品テールになります)
テーブル 10席以上
※禁煙(店外に灰皿あり)
————————————–

関連記事

  1. 新説! 餃子は『皮』のコンテンツである
  2. 板橋×話題×飲食店・2015ベスト10★5~10位
  3. 2日で4600杯を売り上げた『舟渡ラーメン』
  4. 「パンにも旬がある」と教えてくれるかぼちゃあんぱん
  5. その名も『最高おにくセンター(肉)』! って、何?
  6. 都内で唯一! 秋の舌で愛でる『S級凍度』のかき氷
  7. 『3Dワンタンメン』と町の新名物『納豆つけ麺』
  8. 『麺道楽』と『遠藤製麺』がある町でよかった 板橋区

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP