グルメ

これぞ町のおでん屋さん! 板橋区・太洋かまぼこ店

□おでんはこの町の人にとって、おかずであり、おやつであり、肴である□

東京都板橋区中板橋の『太洋かまぼこ店』を紹介する。自家製のおでん種と、その場ですぐに食べられるおでんの両方を販売する店だ。
おでん種(水産練り製品)を製造・販売する店の数は年々に減っていて、東京23区内では日本水産やマルハニチロといった大手を含めても50軒ほどになってしまった。板橋区には3店が残っているが『太洋かまぼこ店』はコストパフォーマンス抜群の店だ。いまや珍しくなってしまった「町のおでん屋さん」がここにある。

■店頭販売は「おでん屋台」の趣

「うまい、やすい、はやい」は牛丼店のキャッチコピーだが、この店のおでんにもぴったり当てはまる。なかでも初めて訪れた人が驚くのが、その安さ。ひとたび『太洋かまぼこ店』のおでんを知れば「コンビニの70円均一セールなんか高くって」となってしまう。

▲税込みですよ、これ。「5円」の単位があるのがうれしい。25種類まとめて買っても1225円!(※価格は2015年12月時点のものです)

人気があるのは、「1位 大根」「2位 玉子」「3位 昆布「4位 ちくわぶ」」だそう。4種類買っても200円でお釣りがくる。

▲その場でハフハフするのもよし、持ち帰って家族と食べるのもよし

▲珍しい『ぎょうざ巻(105円)』を両断してみた

■9種類・10個入りの『370円セット』もあり

「はんぺんと玉子と、あと大根も……」といった感じで湯気の立つおでん鍋を指さして選ぶのも楽しいが、あらかじめ袋に入ったセットも用意されている。大根と玉子のどちらかが主役で、ほかに8種類の種が入って370円(やさいボールが2個入っているので合計10個入り)。おかずとしても酒の肴としても十分なボリュームだ。
え? 大根も玉子も両方食べたいって? そんなときは「玉子も入れて」と言って追加料金を払えばよいのです。

▲これだけ入って370円

▲ある日の『370円セット』。玉子でも大根でもなく、じゃがいもが2つというパターン

取材のためにお話をうかがいながら、おでんを販売する様子を見せていただいた。気づいたのは、おでん鍋のなかの具をつねに丁寧に動かしていること。煮込みすぎてしまわぬよう、裏返したり上下の種を入れ替えたり。とても丁寧なお仕事ぶりだ。

■できたてのおでん種、毎日がサービス価格

そうして丁寧に煮こまれたおでんを安く買えるのもうれしいが、家庭で煮るためにおでん種を買うと、さらに安くて驚く。
「『さつま揚』が150円? ちょっと高いわね」と言ったお客さんが、それが5枚の値段であることを知って頬をゆるませる、なんて光景がしょっちゅう見られる。

▲販売ケースには自家製のタネが並ぶ。やさいボールは10個で150円!

▲できたての種のあれこれを買ってみた。合計1100円ほどだが、とても贅沢な気持ちに

▲土鍋でぐつぐつ(※大根、玉子、タコは別途用意しました)

■二代目・父と三代目・息子

『太洋かまぼこ店』の創業は1950(昭和25)年で、今年が65年目。この町の商店街のなかでもかなりの古株だ。
70歳になる二代目に取材を申し込むと「宣伝されて人がいっぱい来ちゃったら、いつものお客さんのぶんがなくなっちゃうよ」と、つれないお返事。当然のようにお写真もNG、お名前すら教えてくれない。地元のお客さんを大切にする、昔ながらの職人さんなのだ。
「では、あまり宣伝にならないように書きます」と変な約束をして、なんとか取材させていただいた。
「それにしても安すぎませんか?」と聞くと「そうなの? ほかの店の値段なんか知らないから」だって。いいねえ、こういう店。

▲ソロバンはお店の歴史のちょうど半分、33年前から活躍している

その息子・小曽川正さんは、昨年まではサラリーマンだった。二代目のご夫婦が長い間『太洋かまぼこ店』を切り盛りしていたのだが、昨年の暮れに奥さん、つまり正さんのお母さんが急逝されてしまった。葛藤の末に「自分を育ててくれた店と町の仕事を」と決意し、三代目が誕生した。

▲「顔は出さないで」はお父さん譲り? でも、お店に行けば優しい笑顔で迎えてくれます

取材中、学校帰りの小学生が店先まで走ってきて「おつゆちょうだい」。快くおでんの出汁汁を手渡す三代目。地元の町に育てられた三代目が、こうして町を育てていくんだなあ。

_▲△▲_
『太洋かまぼこ店』

▲外観

住所 東京都板橋区中板橋15-14
グーグルマップ こちらのg(小文字・ピンク色)
最寄り駅 東武東上線『中板橋』駅北口から徒歩約4分
定休日 なし(日曜日に休業することがあります)
営業時間 10時30分から19時(売り切れじまい)まで
_▲△▲_

【■075 取材日:2015.11.4】

関連記事

  1. 人と犬と猫と鳥と風と光と命と 板橋区・小豆沢墓苑
  2. 本当は誰にも教えたくない、小阪に生まれた極旨ラーメン umami…
  3. このコーヒー、200円でいいの!? 板橋区常盤台
  4. ついに本庁舎完成! テープカッターはキミだ 板橋区
  5. 漬物の老舗『坂井善三商店』で天井を見上げる 板橋区
  6. 2日で4600杯を売り上げた『舟渡ラーメン』
  7. 妖精がいるパン屋・NEEDs(ニーズ) 板橋区
  8. 「鮮度のかりん糖」念願の『揚げたて』登場! 板橋区

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP