グルメ

その名も『最高おにくセンター(肉)』! って、何?

東京都板橋区常盤台の『最高おにくセンター(肉)』を紹介する。なんとも人を喰った店名だが、ここは人間が牛・豚・鶏の肉を食べる場所である。
今回は時間の流れを追ってブログ風にレポートしよう。

■東武東上線のホームにて

板橋区の地域編集長・タハラは東武東上線で池袋に向かっていた。上板橋駅で停車中の車窓から『蒙古タンメン中本』が見える。おそらく板橋区でもっとも有名なラーメン店の本拠地だ。珍しく人が並んでいなかったので、いつもは行列に隠れている隣の店の看板が目に飛び込んできた。
『最高おにくセンター』? さらに目を凝らすと、店内に大きな字で「間違い」らしき文字が。
なんだそりゃ? よし、取材だ!

▲上板橋駅の上りホームからの光景

■「肉食ってりゃ間違いない」

「駅徒歩0分」の店に「頼もう~」と(ホントは言ってない)入ってみると、開拓時代のアメリカを思わせる店内に大きな看板が。ホームから見えていたのはこれだった。

▲照明が骨!

板橋区の肉好きならこのキャッチフレーズに「ピン!」と来るはず。そう、『HUNGRY HEAVEN HAMBURGERS』や焼肉の『ギュービッグ』でおなじみの言葉だから。「肉祭りの一味」、通っぽく言えば『GB Works』グループのお店だったのだ。社長も同一人物(ただし『ギュービッグ大山店』は「社長のお兄さん」が経営している)。この一点だけで「全力で期待しても裏切られることはない!」と、急に腹が減った。

■楽しもうぜ、肉を!

「肉の宴」の開幕にふさわしいのが『最高おにく盛り』(1500円。800円の『お一人様盛り』もある)。店の姿勢と肉のうまさのバリエーションを知るのにもってこいのプレートだ。コーンビーフは牛のスネ肉を丁寧に手でほぐしたもの。気に入った肉は単品でのオーダーが可能だ。味付けに『ギュービッグ』の焼肉のタレがこっそりつかわれていたりと、小技も効いている。
バケットは『HUNGRY HEAVEN HAMBURGERS』でも好評な『鈴木ベーカリー』製で、100円でおかわりできる。

□『最高おにく盛り』(1500円)□

▲真上から

▲※その日の仕入れによって内容が変わることも

▲あの店のハンバーガーをマネして重ねてみた

▲『和牛イチボのたたき』(1000円)。イチボとは牛のお尻の部分の肉。ハーフサイズなら550円

▲『ザ ステーキUSA★』(2000円)と『ガーリックライス』(ハーフ:300円)

ステーキ用の肉はアメリカ産ビーフの肩ロースで、重さは堂々の1ポンド(約450グラム)。フォルムがアメリカの国土と似てるような。肉との相性抜群の『ガーリックライス』には、シェリー酒が隠し味としてつかわれている。

▲ステーキを別角度から。これ食ってりゃ間違いない!

▲和牛ステーキも格安

■店長(肉)に聞いてみよう

店長の福田正平さんにお話を聞いた。「店名のインパクトがすごい」と言うと「考案者は社長です。最初は冗談だと思ったんですが、みんなで考えてもこの案を超えられなかった」(福田店長)。ちなみに店名の最後の(肉)は(株)みたいなもので、読まなくてよいそうだ。

お店のオープンは今年の4月。取材日の時点では半年も経っていないのだが、3回目のメニュー改定に取り組んでいるまっ最中。「肉バルの店をやりたい、と開店したんですが、当初は客単価が4000円台でした。『もっと気軽に来てもらえるように』とメニューを変えて、いまは3000円台になりました」(福田店長)。
『ギュービッグ』の創業社長であるお父さんの時代から育んできた全国の肉卸し業者とのネットワークを「これでもか」と活用した結果がみごとに生きている。

▲ワインにも全力投球。もう1ページ、計3ページ分のリストがある

ワインは赤のフルボディを中心に、1000円台からの豊富なラインアップ。「夜はワイン目当てのお客さんも多いですよ。いちばん高いものは8800円ですが、2000円台のものをとくに充実させています。フランスよりはカリフォルニアワインが中心です」。

▲ワインに合うサイドメニューにもぬかりはない。たとえばこんな『チーズ盛合せ』(1000円)

最後にもういちど、肉食ってりゃ間違いない!

▲福田店長。看板の「2986」は「肉バル」と読む

関連記事
腹減天国『ハングリーヘブン』は豪快で緻密 板橋区
マンゴーじゃないよカルビだよ。『ギュービッグ』

※価格は税別です

_▲△▲_
『最高おにくセンター(肉)』

お店のtwitter → こちら

▲外観

▲店内
住所:東京都板橋区常盤台4-33-3 2階
グーグルマップ → こちらの c(小文字・ピンク色)
最寄り駅:東武東上線『上板橋』駅
北側出口(エスカレーターのないほう)から徒歩0分
営業時間:17時から27時(L.O.26時)
定休日:なし。月に一回、月曜日に休店(情報はtwitterで)
席数:約40席
※喫煙可
_▲△▲_

■071 取材日:2015.9.7.

関連記事

  1. 『コーヒーのまんまんなか』はベルニーニにあり!
  2. 2月7日 板橋区でコーヒー・セレモニーの体験会
  3. め、面積が!? 『板橋区、拡大す』 東京都
  4. お母さんが作りそうで作らない家庭料理の店 板橋区
  5. 「たいせつ」のちいさなパン屋 ゆめしょうてん
  6. 板橋のコーヒー好きは知っている 『ワイルド珈琲』
  7. マルサンの四重『層』ハムカツにかぶりつく 板橋区
  8. 決戦は17日 『へそ娘』候補・Final8決定!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP