福岡県

まぼろしの夫婦餃子を御賞味あれ!『宝香閣』


昭和46年、筑紫野市宮田町にて創業。道路拡張のために場所を移転したのち、平成23年に太宰府市高雄にて閉店。40年に渡って店の看板メニューとして人気を博し、惜しまれつつも一度は幻の味となった『宝香閣(ホウシャンカク)』の餃子を紹介する。

皮は薄く、全体的にしっとりとしていて弾力がある。焦げ付いた底の部分は、タレとの相性がバツグンに良い。噛みしめると滋味が染み出す。と書くと、しごく当たり前の事のように思える。餃子とはそういう食べ物だ。しかし、ここのは一味違う。具は多くもなく少なくもなく、これでもかと言うほど細かく刻んであって、咀嚼するうちにパラリとほぐれて消えてしまう。まるで魔法のようだ。舌の上には、肉と野菜の旨味だけが残る。具の旨味と、タレとコゲにしみこんだ脂が織りなす絶妙のバランス。ご飯がすすむのだ。
創業当時からの分業体制で、具の仕込みはオヤジさんの、皮に包んで焼くのは女将さんの仕事だ。つまり、旨さの秘訣は長年連れ添った夫婦にある。


▲餃子定食は550円、餃子単品は10ヶで320円。差額の230円で賄える量ではない。儲けなどほとんどないに違いない。


▲昔ながらの餃子には流行りの羽なんかついてない。あんなものは飾りですよ。断面図を載せようかとも思ったけれど、無粋なのでやめた。奇をてらわないのが宝香閣の良いところだ。

世の中には、店屋物が越えることのできない家庭の味がある。味噌汁だったり、カレーライスだったり、グラタンだったり、人それぞれ育った家庭によって違う。餃子もその代表だ。そこらの店屋物には絶対に負けないというのが自信の源のようだ。比較対照は中華料理屋やラーメン屋の餃子であって、よその家庭のものではない。

そもそも、なぜ家庭で作る餃子は美味いのか。これはおそらく逆で、外食で食べる餃子があまり美味くないからだと思われる。おそらく、コスト面での制約が大きいのではないか。価格設定は一皿300円前後といったところだ。そこから利益を上げなくてはならない以上、満足な材料費をかけられないといった事情があるのだろう。中には業務用として仕入れた品を、そのまま出す店もあると聞く。実利の希薄なラーメンのオマケに、創意工夫を凝らそうという料理人は少ないのではないだろうか。
その点で、収益を上げることを目的としない家庭の餃子には分がある。「餃子はお母さんの作ったものが一番」と言いながら、子供達は具だくさん餃子を頬張る。

ただし、デメリットを熟練の技で補った、家庭の味に勝るプロの餃子も確かに存在する。今回紹介する宝香閣は、グルメ御用達の店ではない。客層は外回りのサラリーマンや学生が主で、中華料理の看板を掲げてはいるものの、格式張ったところのない定食屋に近かった。いつも笑顔で元気の良いオヤジさんと、輪をかけてチャキチャキした博多美人の女将さん、パートのおばちゃんの3人で店を回していた。厨房から聞こえてくる、夫婦の威勢の良いやりとりに惹かれて通う客もいたはずだ。
宝香閣はまた、名だたるデカ盛りのお店でもある。昼食時ともなれば、店内は男性客で常に満員だった。宝香閣の餃子には、世の母親に負けない愛情があった。店主夫婦の「お腹いっぱい食べてほしい」という想いが、薄皮の餃子にギッシリと詰まっていた。

その宝香閣が閉店したのは4年前のこと。もともと心臓病を抱えていたオヤジさんの体調が思わしくなく、鍋を振れなくなったのが理由だ。最後の1年ほどは、いつ行っても臨時休業状態だった。
「やっぱり働きたい気持ちが強かったとよ」
今になって店を再開した動機について、おかみさんはこう語る。
「40年もやってきて、このまま終わるとは残念やったけんね」
女将さんが懸命に看病した甲斐あって、オヤジさんは元気だそうだ。店に立つことこそないものの、今も食材の仕込みを担当している。


▲からあげ弁当(450円) 他にソース焼きそば(430円) ニラの卵とじ(400円)などもある。ご飯の盛りは健在。老婆心ながら心配してしまう。無理してませんか、もう少し高くてもいいですよ。


▲▼高雄で開業していた平成22年頃の店舗。いつ行ってもシャッターが閉まっていた。宝香閣の餃子が食べられなくなるかもしれない。薄々感じていた心配は現実のものになった。



▲お持ち帰りがメインながら、店内での食事もできる。「あげん(高雄の頃のように)忙しいとはもう無理。1人でやるとなら、このくらいの広さがちょうどよか」と女将さん。マイペースで末長く店を続けてください。それがファン一同の偽らざる気持ちです。

▼ぎょうざからあげ宝香閣
福岡県筑紫野市紫1-18-1(地図を表示する
092-921-0804(電話予約で待たずに持ち帰り可)
営業時間 12時~21時
定休日 不定休
駐車場あり 1台
西鉄大牟田線紫駅前

 

関連記事

  1. KBCの1F喫茶Latteでコーヒーを飲みませんか
  2. 博多駅前広場に対馬屋台村出現!
  3. 焼き鳥は呑助だけのものにあらず『八起』
  4. 腹ぺこ少年の夢カレー『ケンチャンスマイル!』
  5. コーヒー愛飲家イチオシの店「COFFEEMAN」
  6. 母の小言と息子の背中『江戸東京そば 源』
  7. ためらうな、顔からいけ。『サンハウス』
  8. 待ちに待った「博多マルイ」ついにグランドオープン!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP