東京都

板橋のコーヒー好きは知っている 『ワイルド珈琲』

※ワイルド珈琲上板橋店は惜しまれつつ閉店しました。

□ずらりと並んだ焙煎豆は31種類!□

東京都板橋区上板橋のコーヒー豆販売店『ワイルド珈琲 上板橋店』を紹介する。
コーヒー好きの間で『ワイルド珈琲』はビッグネームだ。台東区浅草橋にある本店は焙煎豆だけでなく、生豆からオリジナルの焙煎機まで、「コーヒーのすべて」を扱っている店。板橋区にその支店があるって、知ってた?

上板橋店は販売の専門店。上質で豊富なラインナップの豆がずらりと揃っている。カウンターを兼ねたショーケースは、まさに壮観。

▲東武東上線「上板橋」駅のホームで池袋寄りに立つとお店が見える

▲コーヒー用の器具、充実してます

ただでさえ『ワイルド珈琲』の豆は安いうえに、毎日数種類が『特売品』として、2割から3割引きになる。何が特売になるかの法則はとくにないが「深煎り、中煎り、浅煎りで、それぞれ何かが安くなるように決めている」そうだ。

▲豆は100グラム単位の量り売り。計量後は本格的なマシンで真空包装にしてくれる。写真は『モカイルガチョフG-1』(200グラムで780円)

200グラムからの販売が基本だが、100グラムでも買える。ひとり暮らしのコーヒー好きにはありがたい。

■月末の木・金・土は特売日

日替わりの特売品があるほかに、毎月最後の土曜日と、その前日、前々日の3日間は特売日! すべての豆が格安になる。なかには45%OFFなんて豆もある。ちなみに先ほどの『モカイルガチョフG-1』は38%も安くなって200グラムで490円に。

▲特売日の価格表の一部。100グラムじゃないよ、200グラムだよ

焙煎豆だけではなく、工夫を凝らしたコーヒーバッグも。

▲ワイルド珈琲オリジナルの『ドリップバッグ』

▲こちらの新製品もオリジナル。ティーバッグのようにお湯に浸すタイプ。コーヒーでは珍しい

▲コーヒー以外のドリンクも充実している

A お茶のティーバッグや、コーヒー用の包装紙に入ったココア
B コーヒーのお供である砂糖の品揃えもさすがだ
C 紅茶も産地別にラインアップされている
D 紅茶その2。『ワイルド珈琲』で計量→真空包装されたもの

▲ドリンクだけじゃないんです

a はるさめ、わかめスープ……、乾物が安い
b 海外の食材や調味料も豊富だ
c 業務用のカレーが87円!
d お茶受けの和菓子まで

■「良いものをできるだけ安く販売する」

板橋区の地域編集長・タハラがコーヒー用のペーパーフィルタを買いに行ったときの話。商品をひとつ選んで会計しようとすると、レジの女性が「あら、袋に写真がついてないほうなら中身が同じで安いわよ、業務用だから」と教えてくれた。その方が天坂三和子さんだった。「高いほう」でも他店よりも安いのに……。

▲ペーパーフィルターだけでもこんなに

▲右が天坂三和子さん、左が娘さんの角田友紀さん。「私たち、似てますか?」と聞かれたけど、似てると思います……かなり

『ワイルド珈琲』のコーヒーは、おいしくて安い。それは他の商品にも共通していて「おいしくないものは置きません。シリーズものの食品やお菓子でも、全部揃えるのではなく、おいしくないものはハズしちゃいます」(友紀さん)。
これは、逆に言えば「コーヒーから離れていても、おいしいものなら積極的に仕入れて安く提供する」ということだ。

■利益率の計算をしない

薄利多売、つまり販売量によるスケールメリットが安さの秘密だろうと目星をつけて社長の天坂信治さんにうかがうと、想像を上回るお返事が。
ワイルド珈琲が1ヵ月に販売する焙煎豆のおよその量は、上板橋店が550キロ、浅草橋本店が650キロで、合計すると軽く1トンを超える。さらに生豆(焙煎前の状態)は約12トン(浅草橋本店だけで販売)も売れるという。
しかし『ワイルド珈琲』の安さの秘密は、この『量』だけに拠らない。
「利益率の計算などはしたことがありません。特別に安く仕入れているわけでもありません。『景気が悪く物が売れない』と聞きますが、『売れない』のではなく『買ってもらえない』のです。価格を決めるときに『いくらなら買ってもらえるのか?』を考えて、いまの価格設定になりました」(天坂社長)

うーん、腰の据わり方がちがう! コーヒー好きの頼もしい味方『ワイルド珈琲』。覚えましたか?

————————————–
『ワイルド珈琲 上板橋店』

 ネットショップは → こちら
————————————–
(※価格はすべて税込みです)

【■039 取材日:2015.4.28】

関連記事

  1. 8月26日まで 伊藤キイチ作品展で『たぬ氏』に会う
  2. いよいよ16日! ときわ台『つ・つ・つガーデン』
  3. エチオピアのコーヒー・セレモニー 体験レポート
  4. 板橋ランチその3 『割烹 一声』で春をいただく
  5. 1 ROOM COFFEEおいしい空間とコーヒー
  6. お母さんが作りそうで作らない家庭料理の店 板橋区
  7. 板橋ランチその1 「実直」のオムライスとカキフライ
  8. デカ盛り居酒屋『花門』の真実★後編 板橋区

コメント

    • 川上裕美
    • 2017年 11月 20日

    上板橋のワイルドコーヒー、2017年の8月で閉店してしまい凄く残念です。35年間も続けて来そうです。寂しくなりました。

      • nasobema
      • 2017年 11月 20日

      川上様 コメントありがとうございます。
      閉店の旨、明記しておかないといけませんね。
      板橋区のコーヒー事情がまた寂しくなってしまって残念です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP