グルメ

板橋×話題×飲食店・2015ベスト10★5~10位

年末特別企画!
2015年に公開された70本を超える板橋区の地域トピックスのなかから、話題になった飲食店ベスト10を紹介する。
順位の基準はPV(ページビュー:記事の閲覧数)だ。今回は前編として10位から5位までをカウントダウン!
(※後編:4位から1位は → こちら)■10位 上板橋『居酒屋花門』
詳しい記事は → デカ盛り居酒屋『花門』の真実★前編 板橋区

ネットのみならず、テレビ、雑誌、新聞などのあらゆるメディアで「毎月一度は取材されているのでは?」と感じるほど強烈な話題性にあふれた居酒屋が『花門』だ。
食事メニューは全品が税込みで400円均一。安いだけでなく、グループの人数に合わせて量が増える(でも値段は変わらない)デカ盛り料理はボリュームばかりが話題になるが、マスターの人柄そのままの優しく明るい味がうれしい。そのマスターはイラン人なのに日本人より高度な駄洒落を連発するマンスールさん。値段、味、量、人柄、すべてが揃ったこの店は、『板橋区の奇跡』と呼んでもよいだろう。
遠方からでもいちどは訪れる価値のある居酒屋だ。人生観、変わるかもよ。

▲『唐揚げ』(400円)。サラダだけでも食べきるのにひと苦労

▲外観

■9位 中板橋『パン屋NEEDs』
詳しい記事は → 妖精がいるパン屋・NEEDs(ニーズ) 板橋区

板橋区のパンのレベルがとても高いという事実を知る人は少ない。地元住民だけが知る名店がいくつもあるなかから9位にランクインしたのが、北海道産小麦と白神こだま酵母の力を最大限に引き出す『パン屋NEEDs』。
ご夫婦がふたりで切り盛りする、駅前のとても小さなパンの店。始発電車ですら遅すぎるため、早朝に自転車でお店に出勤し、一日に50種類ものパンをこしらえる。「あんたたち、どれだけパンを愛してるのよ?」と言いたくなる店だ。
昼ごろにはすべてのパンが売り切れてしまう日も多いので、早めの訪問をおすすめします。

▲『いちごタルト』(330円)は中までいちごがぎっしり

▲外観

■8位・6位 常盤台『下頭橋ラーメン』
詳しい記事は → 『環七背脂チャッチャ伝説』の遺伝子を継ぐ店★前編後編

前後編に分けた記事の前編が8位、後編が6位にランクインしたのがこの強烈なラーメン。
かつて板橋区内の環状7号線沿いに存在した『土佐っ子ラーメン』は、数々の伝説が語り継がれるディープな店だった。閉店によりスタッフが散り散りになってしまったなかで、「伝説の味」にもっとも近いラーメンを提供し続けているのが『下頭橋ラーメン』なのだ。
「背脂チャッチャ系」の元祖と言われるラーメンの魂を受け継ぎ、じつはこっそり細部を進化させているのがこのお店。メニューが『ラーメン』と『チャーシューメン』だけというのも、元祖に忠実だ。

▲『ラーメン』(750円)

▲外観

■7位 志村『マルフクベーカリー』
詳しい記事は → ちくわパン! 納豆パン? マルフクベーカリーの衝撃

週に一度の出張販売をJAL本社や羽田空港のCAが心待ちにしているのが、創業66年目の『マルフクベーカリー』のパン。食パン(『イギリスパン』270円)や純生クリームをたっぷりつかった『ミニあんぱん』(140円)にもファンが多いが、惣菜パンの独創性とおいしさがひときわ光る。
『ちくわフリッター』(210円)は、カレー風味の揚げちくわとキャベツの相性が発明レベル。『なっとうドーナッツ』(150円)は、たれをからめた納豆を揚げパンに収め、焼き海苔で蓋をした「お食事パン」。
100種類を超えるパンメニューのどこにも隙がない、「パンのワンダーランド」なのだ。

▲『ちくわフリッター』(210円)。食べればわかる、この組み合わせの天才性

▲外観

■5位 上板橋・ワイルド珈琲
詳しい記事は → 板橋のコーヒー好きは知っている 『ワイルド珈琲』

飲むのではなく、コーヒー豆を買うお店。焙煎したてのコーヒー豆のラインアップが常時31種類あるだけでもすごいが、毎日数種類が特売価格で、さらに月末の3日間(正確には最終土曜日とその前日、前々日の3日間)はすべての豆が激安になる。
コーヒーに関しては、自家焙煎だけでなく、オリジナルの焙煎機の設計・販売までを手掛け、社長さんは焙煎機の設置と焙煎指導のために日本全国を飛び回っている。独自に開発したコーヒーのドリップバッグ(ティーバッグのコーヒー版)があったり、コーヒー用の器具の品揃えが通を唸らせたりと、「コーヒー好きのための四次元ポケット」のような店なのだ。
「おいしいものを安く」の方針で、お菓子や食品も扱っている。

▲「プロに指導するプロ」が焙煎した豆、おいしくないわけがない

▲外観

関連記事
板橋×話題×飲食店・2015ベスト10★1~4位

■077

居酒屋花門
住所:東京都板橋区上板橋3-6-7
電話:03-3935-9222
営業時間:18時~25時6分
定休日:火曜日・祝日パン屋・NEEDs
住所:東京都板橋区中板橋23ー3
電話:03-6310-6407
営業時間:水~金曜日 7時30分
土・日曜日、祝日 8時30分
(売り切れたら閉店)
定休日:月・火曜日

下頭橋ラーメン
住所:東京都板橋区常盤台3-10-3
電話:03-3967-5957
営業時間:18時~28時(翌日午前4時)
定休日:水曜日

マルフクベーカリー
住所:東京都板橋区志村2-9-2
電話:03-3966-1013
営業時間:8時30分~21時
定休日:日曜日

ワイルド珈琲 上板橋店
住所:東京都板橋区上板橋1-12-1
電話:03-3931-9118
営業時間:10時~18時
定休日:水・日曜日 祝日

関連記事

  1. 祝!開通 10・11日 金沢の物産展を開催 板橋区
  2. 2月7日 板橋区でコーヒー・セレモニーの体験会
  3. 100円のやきとんがこんなにウマくていいものか?
  4. 耳石を知ると魚を食べたくなる講座 3月28日板橋区
  5. 【新店】旨×安×温×快のサンドイッチカフェ、出現!
  6. 8月26日まで 伊藤キイチ作品展で『たぬ氏』に会う
  7. 『環七背脂チャッチャ伝説』の遺伝子を継ぐ店★前編
  8. 「パンにも旬がある」と教えてくれるかぼちゃあんぱん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP