グルメ

年4回のメニュー替え 『遊食亭ろあ』の冬メニュー

▲カットケーキのような『ろあ特製厚焼きタマゴ』(702円)

東京都板橋区中板橋の『遊食亭ろあ』を紹介する。
どんなお店なのか、店名からはわかりづらいが、「洋食をベースに、あまりかしこまらないで気楽に注文できる料理」(オーナーの高木さん)を楽しめる店なのだ。

▲『遊食亭ろあ』の外観

季節ごと、つまり年に4回のメニュー替えが『ろあ』の特色のひとつ。だいたい、3月、7月、9月、12月の頭にメニューを切り替えるそうだ。夏はちょっと短いのね。
「4回もメニューを替えるなんて、骨が折れるでしょう?」と聞くと「ほんとは8回替えたいんです」だって。プロの『遊食人』、発見!

今回は冬メニューをいただいてきた。

▲上段の料理が季節ごとに替わる。いまは冬メニュー
名刺のロゴマークは「料理の王様」だ。

▲ドリンクメニューも豊富

▲『鴨のスモーク生春巻カシスソース』(734円)
カシスソースが目にも舌にも楽しい

▲『スペアリブのソテー バーベQソース』(842円)
最後は手づかみで骨をガジガジ。

▲『ぶりの煮付けと大根のコンソメ煮』(756円)
料理名だけを見ると「ぶり大根」っぽいけど、味はフレンチ!

▲『パリパリピザ』(626円)
ピザが小さいわけじゃない。タバスコが巨大なのだ。

▲『昭和のナポリタン』と『平成のナポリタン』の文字が

2種類のナポリタンのちがいは?
「『昭和』は、いわゆる「喫茶店のナポリタン」。ケチャップベースで、フォークで刺すとそのまま持ち上がりそうな。『平成』はトマトソースベースのしっとりしたもの。人気は『昭和』が圧倒的です」。

▲店内の様子
キッチンカウンターと、4人がけのテーブル席×4。貸し切りなら30人までOK。

▲なぜか気をつけの高木さん

■オーナーの高木敏正さんにうかがった
高木さんの料理人としてのスタートは帝国ホテル! 名門で土台を築いたあと、独立した先輩が経営するビストロで腕を磨く。
現在のお店を開いたのが1998年の暮れのこと。ご両親が経営していたお店(喫茶ROI)を引き継ぎ、店名をひらがなに変えて『遊食亭ろあ』として再スタートしたのだ。ちなみに「ROI」とはフランス語で「王様」の意味なんだって。

中板橋という土地柄についてうかがうと、こんな話に。
「物価の安い町なので、以前は『すこしでもリーズナブルな価格で』と考えていました。でも最近は『すこし値段が上がっても、よい素材をつかって、よりおいしい料理を提供したいと考えるようになりました」。

取材の日、板橋区の地域編集長・タハラは『わさびサワー』をいただいた。ありそうでなかった組み合わせが新鮮で、ひと口で気に入った。
(それで満足なのに)「わさびサワー、ちょっと濃くないですか?」と聞くと「薄かったりして、お客さんに『損した』と思われるのがイヤなんですよね」(高木さん)。

常連が多いのも納得!

▲わさびサワー。底に沈んだわさびをパフェスプーンですくうと刺激的な肴になる

(※価格はすべて税込みです)
————————————–
『遊食亭ろあ』
住所:東京都板橋区中板橋19-3
グーグルマップ → こちらのI
電話:03-3964-3476
営業時間:17時30分~24時
定休日:日曜日
※喫煙可
————————————–
【■010 取材日:2015.1.23】

関連記事

  1. 「た」は『大仏サブレー』と『たぬき』の「た」
  2. 大活字本展 開催中 板橋区立氷川図書館で
  3. 都内で唯一! 秋の舌で愛でる『S級凍度』のかき氷
  4. 板橋ランチその3 『割烹 一声』で春をいただく
  5. 板橋区イチの行列店 石田屋のロールケーキを掘る
  6. いちばんおいしいカレーパンを冬の『光が丘公園』で
  7. 両面? いや、4面焼き! 「立つ」たい焼きがここに
  8. これぞ町のおでん屋さん! 板橋区・太洋かまぼこ店

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP