福岡県

腹ぺこ少年の夢カレー『ケンチャンスマイル!』


▲地域編集長イチオシの、まるちょうぷりぷりキーマ(1100円) は、新鮮な丸腸(牛の小腸をブツ切りにしたもの)をふんだんに使ったキーマカレー。決して見栄えが良いとはいえない食材を使っているのに不思議と品を落とさないのは、ケンチャンスマイルのカレーに”男の子のスパイス”が溶けこんでいるから、だと思うのです。


福岡市中央区の『ハラペコダイニング ケンチャンスマイル!』(地図を表示する)は店の名前でもあるケンちゃんの、創意と工夫にあふれたカレーが食べられるお店だ。何が食べたいと決めてからお店選びをするのではなく、お腹がすいたらケンチャンスマイル! メニューを眺めて好みの料理を選ぶのが正しい。それくらい幅広い食材と味が取り揃えてある。まるでオモチャ箱だ。
「男の子の大好きなカレーライスを、大人になってしまった元男の子や女性のお客様にも楽しんでほしい」というのがお店のコンセプト。その通り、メニューには男の子のスパイスがたっぷり振りかけてある。


▲ベースになるカレーメニューはケンチャンカレー、グリーンカリー、キーマカレーの3種類(すべて900円)。画像はケンチャンカレー、野菜の苦手な男の子もこれなら喜びそう。


▲丸ごとカマンベールの鉄板キーマドリア(1100円)はその名の通り、カマンベールチーズが丸ごと1個入った焼きカレー。


▲流れ落ちるチーズがナイアガラの瀑布を思わせる。立ち上る湯気と鉄板のこげる音が、水しぶきと岩をも砕く激流さながらの臨場感で目の前にせまります。


▲バリエーションのひとつ、ヌードルグリーンカリー(700円)は、ケンちゃん流カレーうどん。カレーが先か、うどんが先か、答えはカレーでした。少しトロミを帯びたケンチャンスマイルのグリーンカリーに一番あうのは、フォーでもクイティアオでもなく、実はうどんだったのです


▲湯葉ダルカレー(680円)なぜ湯葉をカレーに?「お客さんにお土産でもらったんです。その時に、これでカレーを作ってみてって言われて、メラメラと闘志がわきました」きっかけからして男の子の思考回路なのです。


▲サラダにしておくのがもったいないサラダの数々。タコライスのように、ご飯の上にそのまま載せて食べてみたい


▲サイドメニューの1番人気、だし巻きオムレツ(450円)は、いつもお腹を空かせていたケンちゃん少年の夢が、ふんわり玉子に包まれているような一品。

自分のお店を出すにあたって、なぜカレーショップを選んだのか。そもそも、なぜ自分の店を持ちたいと思ったのか。「10代の頃から飲食店で働いてきましたが、カレーのお店は未経験だったので」とケンちゃん。実に彼らしい理由だ。
飲食業界に身を置いて18年、様々な職場を転々としてきた。酸いも甘いも知りつくしたケンちゃんにも、忘れられないお店があるのだとか。
「ウチはあまり裕福ではなかったので、お金を稼ぐのに手っ取り早いのは飲食業だったんです。この仕事の楽しさは知っていましたが、働くのは生活のためであって、本当の喜びを感じたことはありませんでした」
そんなケンちゃんの価値観を根底から覆したお店が、福岡市中央区高砂にあった韓国料理店の『なのはなキッチン』だ。


▲なのはなキッチンオーナーと若かりし日のケンちゃん。あんまり・・・変わっていないような?

「従業員は実質2人体制で、オーナーには共同経営者のように接してもらいました」
今では、自分の作った料理をお客さんが食べているのを見るのが何より好きだというケンちゃん。しかし、初めて料理が好きだと思えるようになったのも、この店がとの出会いがあったればこそ。短い間ではあったものの沢山の大切なことを学び、数多くの苦楽を共にした。そしていつか、自分もこんなお店のオーナーになれたらいいと夢見るようになった。なのはなキッチンは2013年に惜しくも閉業してしまったけれど、今もケンチャンスマイル!の礎としてここにある。



▲鉄板焼きメニュー(画像は厚切りネギタン塩焼き 680円)や韓国冷麺(680円)は、なのはなキッチン時代の大切な思い出。冬場はスンドゥプチゲが加わる


ケンちゃんが自分の店を持つにあたって、たった1人の相棒に選んだのがヒロトくん。歳はずばり10歳下の26歳だ。前の職場の常連客だったことがきっかけで知り合い、瞬く間に意気投合した。ケンチャンスマイル!では、簡単な料理と接客を担当している。
「たぶん、色々と言いたいことはあると思うんですけど、アドバイス程度でのびのびやらせてもらってます」とヒロトくん。心から楽しそうに働く彼に、ケンちゃんはかつての自分を見ているのかもしれない。


▲1階にカウンター、ロフトにテーブル席を備える。高低差があって縦に長いが、決して広いとはいえないケンチャンスマイル!の店内。まるで秘密基地のようだ。こういうところに好んで潜り込みたがるのも、実は男の子の習性なのです。

▼ハラペコダイニング ケンチャンスマイル!
福岡県福岡市中央区高砂1-22-11
092-688-8691
ランチ 11時30分~14時30分
月〜木夜 18時~24時
金・土夜 18時~翌2時
日(夜のみ) 18時00分~24時
不定休
カウンターあり
駐車場なし(近隣にコインパーキングあり)
西鉄天神大牟田線、地下鉄七隈線薬院駅より徒歩5分

関連記事

  1. 福岡・宗像「むなかた三女神記」市民が作る感動大作!
  2. ホタルの宿は天拝やまぐち
  3. 熊本チャリティ上映会「うつくしいひと」中洲大洋劇場
  4. 再演「南の館の物語」菅原道真公が愛されるわけ
  5. 調節出来るにんにくパワー!福岡水巻産でかにんにく
  6. ようこそ道のため来たれ『そば打ち道場 かぜのたみ』
  7. オープン記念!わした博多店にミス沖縄&わしたん来福
  8. 子供達がおいしい!と大絶賛した無添加ドレッシング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP