福岡県

ひと粒ひと粒が濃旨い!博多土産 明太子からすみ


博多寿賀や・明太子からすみ(1000円 税別)
日干しし水分を飛ばし明太子本来の辛さと旨さを凝縮、硬すぎずやわすぎずの食感が楽しめる。

戦後まもない昭和20年 福岡市博多区奥の堂(現・御供所町)寿賀旅館に幻の明太子からすみが存在した。
著名人も含む多くの客はこの明太子からすみを目当てに宿泊したと言う。

時代の流れと共に惜しまれつつ幕を閉じた寿賀旅館の明太子からすみが当時の風味を残しつつ平成の博多の味として復刻。


【もらって嬉しい明太子からすみの魅力】
現在福岡県内でも取扱い店舗が限られている明太子からすみ。かぶらない博多土産No.1である。
ボラの卵を燻製にした従来のからすみとは違った旨さが味わえる。明太子好きの福岡県民に行った特産品モニター調査では皆が口を揃えて絶賛し太鼓判を押したほど。

明太ジャーキー、パスタ、お茶漬けなど薄く切り幅広い料理に使える。
1本物明太子からすみは賞味期限180日と長期常温保存可能なのも嬉しい。

独特の深い香りを感じるなら熱々のお茶漬けで


日本酒、ビール、ワインに合うオードブルのアクセントにもぴったり


博多明太子からすみ・小袋三種
燻製、辛子、八味(1500円 税別)


福岡空港や東京・銀座歌舞伎座の地下2階などで販売中。福岡の珍しい明太子からすみ 味わってみてほしい。

はかた寿賀やホームページはこちら

■問い合せ先
株式会社SPIRITS
住所:福岡市博多区中洲4-1-26
電話:092-292-5569

関連記事

  1. 『氷の彫刻師』料理人、西川博幸の裏の顔
  2. Rは?のR『おいしい珈琲の店 R’s cafe』
  3. ロックンロール不死伝説 二日市『MOVEment』
  4. 筑紫野市 天拝山麓の新名湯(看板娘つき!)
  5. とんかつ屋『澤かつ』の真実・・・そして次回予告!
  6. 手食のススメ!『ラメス』でネパール料理を食べよう。
  7. ホタルの宿は天拝やまぐち
  8. 「スフォリアテッラ」貝殻に秘めたバリスタの想い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP