大分県

名物「頭料理」は岡藩城下町の庶民のアイデアグルメ

大分県竹田市の御宿割烹「一竹」といえば名物「頭料理」(一人前2000円。画像は4人前)。
江戸時代、岡藩では、魚は臼杵や佐伯から馬で運ばれていただけに、身の部分は貴重で、庶民には高根の花。ならば、と工夫されたのが「頭料理」だ。
本来なら捨てる胃袋や浮き袋、唇、肝、エラといった15程の部位を、それぞれの特性に合わせて茹でたものを、薬味と一緒に特製三杯酢で味わう。
因みにこれはエラで別名「マツゲ」。実にきれいだ。

________
御宿割烹「一竹」
住所:大分県竹田市大字会々2266-4
電話:0974-63-2138(頭料理は要予約)
※「頭料理」は宿泊や宴会でなくても、他のランチ同様、館内のお食事処「旬」で味わえる。家族連れやグループの場合、昼間でも部屋が空いていれば、落ち着いた和室を提供してくれるのが有り難い。
定休日:無
駐車場:15台
MAP

関連記事

  1. 郷土料理・だんご汁は「手延べだんご」が旨さの決め手
  2. わらび餅が新食感…町家カフェの夏限定「鎌倉ごおり」
  3. ピアノデュオ宮崎兄妹のレッスンでピアノ弾く楽しさを
  4. グッドモーニングで始まる一日…まきぐち驛は各駅停車
  5. 吹きガラスと竹と藍染の「竹田の風鈴」で夏を涼やかに
  6. 城下町に春を告げる紙雛!うすき雛めぐりは2月5日~
  7. 片足15キロの大わらじ完成で、ひょうたん様もご満悦
  8. 酒蔵巡りは蛇の目の「ぐいのみ」で限定酒を思う存分

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP