大分県

毎日が肉フェス気分…「神楽亭」の豊後牛パワー定食

 

 

 

大分県豊後大野市清川町の焼肉レストラン「神楽亭」の自慢は大分県産黒毛和牛(豊後牛)。オーナーシェフは羽田野英一さんで、「牛の事は羽田野さんに聞け」というほど、牛を知り尽くしているだけに、安心してリーズナブルな価格で極上の豊後牛が味わえる。まさに「毎日が肉フェス」気分だ。
実は、羽田野さんは、Aランクの4等級5等級の豊後牛ばかりを、年間50頭ほど買い取る。しかも羽田野さんのすごい所は、自身の欲しい部位だけを買うのではなく、牛一頭丸ごと、普通なら捨てるかもしれないような内臓も含め、すべての部位を買い取ることだ。これが、極上の肉を安く提供できる所以だ。


「神楽亭」では、店頭販売も行っており、精肉のほか、大腸や小腸、アキレスやミノ、ハチの巣と呼ばれる第一胃、センマイと呼ばれる第四胃、ハツ(心臓)、テールなど、他では滅多にお目にかかれない内臓などの部位が、冷蔵ケースに並ぶ。
そんな神楽亭のおススメランチは、夏のスタミナ補給におあつらえ向きの、豊後牛のパワー定食トリオだ。いずれも、贅沢なランチ気分に浸れること間違いなし、の一品だ。
まずは、「豊後牛焼肉定食」。ご飯にスープ、サラダにキムチが付いて1814円。オリジナルのたれも絶品だ。
自分でイチイチ焼くのが面倒だ、と思うなら、ステーキA定食で決まりだ。ご飯にスープ、キムチが付いて2160円だ。
ステーキは、やわらか食感で、箸でも十分だが、コロコロの一口サイズがいい、という方には、そう、サイコロステーキ定食が打ってつけだ。こちらは、ご飯にスープ、キムチが付いて1944円。
「神楽亭」は、道の駅「きよかわ」のグルメゾーンの一角にある。力強い「豊後牛」の、黒いのぼりが目印だ。

 

注)価格は、2016年7月22日現在
焼肉レストラン「神楽亭」
住所:大分県豊後大野市清川町砂田1567-1
時間:平日(10:00~15:00 LO14:00)
土・日(10:00~16:00 LO15:00)
定休日:不定休
電話:0974-35-2903
駐車場:道の駅きよかわ駐車場
MAP
https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%A5%9E%E6%A5%BD%E4%BA%AD/

関連記事

  1. 裸神輿と水しぶき!緒方三社川越し祭りにはドラマが
  2. 次代に受け継ぐ!「御嶽山桜ロード」のスーパービュー
  3. ポスカで描く神楽は迫真の舞い…真澄アキヒロ作品展
  4. 130年超の名物「観音さん」率いるご当地饅頭たち
  5. 久住高原の「吹きガラス工房」が地震乗り越え復活
  6. 久住高原「天空のプロムナード」で絶景ウォーキング
  7. 100種のチューリップ…並ぶ名札が春待つ喜び誘う
  8. ラ・ブーカの朝は、挽きたてコーヒーと焼きたてパンで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP