大分県

大分県立農業大学校の農大祭は農業の魅力満載の元気印

大分県豊後大野市の大分県立農業大学校で、2015年11月7日(土)、第33回農大祭が開催される。
この日は、農大生の皆さんが精魂込めて育てた、収穫したての新鮮野菜や花き、手造り加工品の販売が行われる。もちろん、大奉仕価格だ。
農業大学校の農学部は、「総合畜産科」と「水田普通作」「野菜」「花き」「果樹」の4コースがある「総合農産科」の2学科で構成されている。それだけに、もち米や小麦粉、そば粉、各種野菜にミカンやブドウ、花きに観葉植物、さらにはハム、ベーコンと、販売コーナーのテントの中は、多種多彩、農業の魅力いっぱいだ。

花きコーナーは、花苗のほか、毎年大人気の、100鉢を軽く超えるシクラメンが並ぶ。
この日だけの農大生シェフたちの模擬店も楽しい。けんちん汁や鶏もも焼き、焼き芋餅にクッキー、ロールサンド、スイートポテト、ホットケーキ、焼きそばとメニューも豊富。使用する食材はいずれも学生さんたちが育てたもので「育ってくれてありがとう」と学生さんたちの感謝の気持ちが込められた「ありがとうグルメ」だ。
お楽しみは、まだまだ用意されている。
農産物の販売や模擬店は、10:00から始まり、10:00からと12:30からの2回、各先着100名、合計200名にビンゴ大会参加券が配られる。当り確率10%に挑み、真っ先に「ビンゴ~」といきたい。賞品も楽しみだ。

このほか、以下の総合農産科の各コースならではのお楽しみプログラムも、楽しませてくれるそうだ。
○水田普通作コース:さつまいも収穫体験(11:00~&13:20~)
○野菜コース:クイズ大会(11:30~)
○果樹コース:果実重量当てゲーム(12:20~)
○花きコース:花苗争奪くじ引き大会(13:30~)

会場内の落書きコーナーには、稲わらを牛の飼料にするための真っ白なホールクロップサイレージ(WCS)が並べられていて、自由に思いっきり落書きを楽しめる。
また、この機会に「農業の事を、もう少し知りたい」と思う方には、農林水産研究指導センターコーナーがおススメ。水稲はもちろん、野菜やお茶、豚に鶏、きのこ等に関する資料が展示されている。
■主なプログラム■
「開会式」9:30~
「農産物等販売・模擬店&ビンゴ大会参加券配布(先着100名)」10:00~
「神楽(三重総合高等学校神楽部)」11:00~
「サツマイモ収穫体験」11:0~
「クイズ大会」11:30~
「果実重量当てゲーム」12:20~
「サツマイモ収穫体験」13:20~
「花苗争奪くじ引き大会」13:30~
「200人限定ビンゴ大会」13:45~
「バンド演奏(農大軽音楽部)」14:30~
「閉会式」15:00~

________________
第33回農大祭in大分県立農業大学校
日時:2015年11月7日(土)開会式9:30~、閉会式15:00~
会場:大分県立農業大学校グラウンド
住所:大分県豊後大野市三重町赤嶺2328番地1
電話:0974-22-7581(教務・学生課)
駐車場:臨時駐車場有り(無料)
MAP

関連記事

  1. ガラスの灯籠と竹のワークショップで竹田を楽しむ
  2. 焼肉れすとらん「神楽亭」の鴨鍋はたっぷりのネギと!
  3. 石仏の里の蓮まつり、味わい尽くしたいなら早起きで!
  4. ジビエの里「道の駅宇目」の目玉グルメ!猪ラーメン
  5. 新春のパワースポット!天を突く原尻の滝の一斉放水
  6. ラ・ブーカの朝は、挽きたてコーヒーと焼きたてパンで
  7. 実店舗32の魅力「こだわりマルシェと小さな雑貨市」
  8. スプーンで食べるドライカプチーノはデザートな味わい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP