大分県

昭和の鶏丸ごとグルメを今に!「豊の軍鶏すき」

▲三人前
大分県豊後大野市では、昭和の半ばまで、多くの農家が鶏を飼い、祭りや祝い事には、必ずその鶏一羽を丸ごと自家消費していた。今と違ってメニューといえば、鶏飯や鶏汁、すき焼。
そのすき焼を味わうなら薬膳茶房「江川」の「豊の軍鶏(しゃも)すき」。たっぷりの野菜類、前菜、小鉢、〆のうどんが付きで一人前3000円。

使用する鶏は、豊後大野市産の地鶏「豊の軍鶏」。きんかんや砂ずり、心臓やレバーといったモツに昭和の味が甦る。
________
薬膳茶房「江川」
住所:大分県豊後大野市緒方町原尻917-1
「原尻の滝」そば
時間:11:00~14:00
休み:毎週水曜日、木曜日
電話:090-3010-6478(軍鶏すきは、要予約)
席数:20席
駐車場:30台(無料)

 

関連記事

  1. 白色尽くしのSnowPotで癒しのトマト色リゾット
  2. 七輪で焼く「猪鹿鳥」は体も喜ぶ低脂肪!
  3. 「相輪食堂」のB級グルメはご近所感覚で
  4. 鴨ネギでいいことありそうな神楽亭の鴨鍋で冬を楽しむ
  5. 3年ぶりに復活した「タルトショコラ」は期間限定販売
  6. 住高原「星降る館」の日田焼きそばは「萬天楼」直伝
  7. 第60回祖母山山開きの安全祈願祭は尾平登山口で実施
  8. 洋菓子工房アンティークの「桜マカロン」は春限定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP