大分県

パラムの「ヌンコッピンス」は、まるで降り積もる粉雪

大分県豊後大野市清川町の韓国料理のカフェ「パラム」のかき氷は、かき氷のようだけど、かき氷じゃない。氷を削るガガーッといった音もなく、まるで粉雪が静かに降り積もるように出来上がる。
名前を「ヌンコッピンス」という。和訳すれば「雪の華の氷」だと…。
韓国で3年ほど前からブームになっているフワフワのかき氷で、「韓国の友人が教えてくれたんです。早速、専用の機械を韓国から取り寄せました」とオーナーシェフの小野光治さん。2015年のことで、今年で2年目を迎える自慢の「ヌンコッピンス」だ。
これは黄な粉餅。実に繊細な氷は、まるで粉雪のようで、フワフワの新食感。氷の中には、モチッとした黄な粉餅が潜み、たっぷりとかかる黄な粉の程よい甘さとの相性も抜群。
ヌンコッピンスは、「氷を削る一般的なかき氷と違ってとけにくいんです」と小野さん。まさに「夏の暑さなんかヘッチャラ」のかき氷だ。
因みに小野さんによると「韓国の女性たちの間では、このかき氷とインジョルミトーストを一緒に食べるのが流行ってるんです」と。ならば、両方をセットで味わいたい。
これが、黄な粉餅とアイスがグッドコラボの「インジョルミトースト」だ。
なお、ヌンコッピンスには、黄な粉餅の他、マンゴー、ストロベリー、カフェオレがある。気分に応じて楽しみたい。

もちろん、冷え冷えの「韓国冷麺」(800円)もおススメ。

_______
ヌンコッピンス
・黄な粉餅600円
・マンゴー600円
・ストロベリー600円
・カフェオレ600円

<スポット情報>
店名:カフェ「パラム」
https://www.facebook.com/kiyokawa52/?fref=ts
住所:大分県豊後大野市清川町三玉1699-2
電話:090-4340-2906(小野)
営業時間:11:00~17:00(予約の場合、17:00以降もOK)
定休日:不定休
席数:29席(内テラス席17席)
駐車場:10台(無料)

関連記事

  1. 井上愛仁ガラス展「KAGUYA」は、竹と水面の癒し
  2. 小松明(こだい)火祭りは、1万3千本の炎がゆらゆら
  3. グッドモーニングで始まる一日…まきぐち驛は各駅停車
  4. ポスカで描く神楽は迫真の舞い…真澄アキヒロ作品展
  5. 岡城跡の石垣紅葉と郷土のおやつ「やせうま」に心和む
  6. 辛口チキンカレーと「シャケラート」のディープな関係
  7. あじ寿司4カン300円は、ごぼう天うどんとセットで
  8. 郷土料理・だんご汁は「手延べだんご」が旨さの決め手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP