鹿児島県

歴女が紹介する「島津豊久」観光スポット

【鹿児島県 日置市・いちき串木野市・鹿児島市】


少年画報社から発行、ヤングキングアワーズで連載されている、平野耕太 著 『ドリフターズ』。この漫画の主人公である戦国島津4兄弟 島津家久の子「島津豊久」の人気がうなぎ登り。最近アニメも始まった事により、その人気に拍車をかけています。

今回は鹿児島県に住む歴女「猫塚」さんに、鹿児島県薩摩半島にある「島津豊久」に関わる史跡や観光スポットを紹介していただきました。

~~~~~~~~~~

現在放送中のアニメ、ドリフターズで主人公の戦国武将・島津豊久をご存知ですか?
今回は鹿児島にある島津豊久由縁の史跡や場所をご紹介します。
まずは豊久が生まれた串木野城跡。南九州自動車道串木野インターで降りて右折すると、右手に見える住宅街のなかにあるこんもりとした小山、それが串木野城跡です。



シラス台地の丘陵にかつてあった丘城・串木野城は、現在紹介看板を残すのみですが、城跡の傍にある南方神社と共に静かに時を重ねています。

次は東シナ海沿いに吹上浜を南下して日置市吹上町永吉地区へ。



島津豊久と、永吉島津家の墓が並ぶ天昌寺跡。
豊久が亡くなった後、豊久の遺臣は永吉に移住、豊久の墓を建てたと言われています。
敷地はいつも綺麗に保たれていて、今も地元の方に愛されているのがわかります。


川向かいの梅天寺跡には、豊久の父・家久の墓も。
同じ日置市吹上町の吹上歴史民俗資料館では、豊久の源流・戦国島津氏に関してのパネルや史料等が常設展示され、近隣のふきあげ図書館の一角には島津豊久コーナーも設けられています。

鹿児島の歴史スポット、鹿児島市の仙巌園・尚古集成館別館では12 月1 日まで戦国大名島津氏展を開催中。
関ヶ原の戦いにおいて島津豊久が着用していたとされる甲冑も展示されています。
鹿児島の紅葉はまだまだこれから。
短くも熱く生きた島津豊久の気風を、晩秋の鹿児島で感じてみませんか?


[ライター:猫塚]

= 串木野城・南方神社 =
住所:鹿児島県いちき串木野市上名
アクセス:南九州自動車道串木野IC~県道39 号

= 天昌寺跡 =
住所:鹿児島県日置市吹上町永吉14884-6

= 梅天寺跡 =
住所:鹿児島県日置市吹上町永吉3761-2

= 吹上歴史民俗資料館 =
住所:鹿児島県日置市吹上町中原2568
開館時間:9:00~16:30(平日のみ)
料金 大人:100 円 小人:50 円
問い合わせ:099-296-2124

= ふきあげ図書館 =
住所:鹿児島県日置市吹上町中原2775-2
開館時間:平日9:00~18:00 土日祝9:00~17:00
問い合わせ:099-245-1711

= 尚古集成館・仙巌園 =
住所:鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
開館時間:8:30~17:30
入場料(仙巌園・尚古集成館共通券):大人1000 円 小・中学生500 円
駐車場:1日300 円
*尚古集成館別館の「戦国大名島津氏展」は12 月1 日まで。
問い合わせ:099-247-1551

関連記事

  1. 熊本復興支援『蒲生夜市』 あの蛍丸サイダーも販売
  2. お茶マニアの女子大生たちが鹿児島茶をご紹介
  3. 戦国以前から幕末までの薩摩にまつわる仮面文化を講演
  4. 島津家家紋をオシャレにアレンジ/世界遺産記念グッズ
  5. アザラシのゴマミちゃんたちと一緒に写真を撮ろう他
  6. SSH高校生による二酸化窒素測定器の開発秘話講演会
  7. とと姉ちゃんで話題!創刊号から読める 暮しの手帖展
  8. 春の夜に現れる幻想的なゴカイの生殖行動を見に行こう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP