鹿児島県

チェストー!会場を暴れまわる異色の武将隊バンド

【鹿児島県日置市】
 甲冑に身を包み、「チェストー!」の掛け声を織り交ぜながら戦国ロックを響かせる異色のバンド『戦国ロック武笑バンド』。
鹿児島県日置市PRの為に昨年結成されたバンドで、メンバーは全て日置市市役所職員です。

2015年12月27日(日)は鹿児島中央駅アミュ広場で行われた「商工会まるごと特産品フェア」でのステージショーに出演。「おどま薩州」と「妙円寺参りの歌」の2曲しか披露する曲は無いものの、間に「島津の退き口」を題材にしたコントを取り入れて構成。30分間パワーあふれたステージで、大いに会場を沸かせていました。



 この日は新曲の発表を予定していたものの、音楽性の違いからボツにしたとか。
勢いとパワーで会場を飲み込んでしまうスタイルが魅力ですね。活動次第では大きく化けそうな予感がしました。
関連記事:歴史コンテンツが熱い日置市で、今度は幕末イベント

関連記事

  1. 鹿児島市内での開催 歴史施設でコスプレ写真撮影会
  2. 赤ちゃんイルカの愛称募集は1月7日(木)まで
  3. トルコのキリムと写真展
  4. 人手不足で引く手数多!?鹿児島のCADオペ事情
  5. 第22回曲水の宴
  6. 秋を感じる坂本竜馬の新婚旅行地『塩浸温泉龍馬公園』
  7. SSH高校生による二酸化窒素測定器の開発秘話講演会
  8. 鹿児島すごろく原画展/鹿児島市山形屋12月2日~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP