大分県

洋菓子工房アンティークの春スイーツは、ふんわり桜色

大分県豊後大野市緒方町の洋菓子工房「アンティーク」に春のスイーツが登場した。ほんのりさくら色のメレンゲクッキーで、何やら微笑んでいるかのようにコロコロと愛嬌たっぷり。軽やかなサクサク食感で、春を感じさせる。
フワッとした口どけが心地よく、あまりの軽さに食べた気がしない。とはいえ、遠慮がちにほんのりと漂う桜エキスのおかげで、一足早いフワフワな春気分に浸れる。ワンケース20グラム入りで300円とお手頃だ。

洋菓子工房「アンティーク」と言えば、米粉のロールケーキが人気だが、ロールケーキにも、この時期恒例の桜バージョンが登場した。「桜米粉ロール」(1350円)で、トッピングの、桜の花の塩づけがシンボル。4月中旬までの、限定販売だ。
使用する米粉は、オーナーさんが有機で栽培するヒノヒカリ。繊細なしっとり感は、米粉ならではで、ほんのりした春色が優し気だ。桜エキスが練り込まれた生クリームには、アクセントのわらび餅が包み込まれていて、トロリ食感が心地良い。
店名:洋菓子工房「アンティーク」
住所:大分県豊後大野市緒方町天神50
営業時間:10:00~18:00
電話:0974-24-4512
定休日:毎週木曜日
※誕生日ケーキ等の予約品については、年中対応。
駐車場:6台(無料)
MAP
https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%B4%8B%E8%8F%93%E5%AD%90%E5%B7%A5%E6%88%BF%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%AF/

関連記事

  1. 春に酔い、蔵を利く…「巡蔵」は限定ぐいのみを手に
  2. 水の国「いちご農園」で、ほのかに恋する乙女のほっぺ
  3. ジビエの里「道の駅宇目」の目玉グルメ!猪ラーメン
  4. ポスカで描く神楽は迫真の舞い…真澄アキヒロ作品展
  5. 野焼き&楽焼…国分寺くるみギャラリーで竹田焼物展
  6. 一期一会のトルコライスは、旨さトリプルの豪快盛り
  7. 記念日に、ご褒美に…秘境白川源泉「竹ふえ」
  8. 芋と小豆が喧嘩するほどの仲…「こびり屋」のけんか餅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP