大分県

タマゴの国「コッコファーム」のオムライスはふわとろ

熊本県菊池市のコッコファーム「たまご庵」は、2016年10月1日(土)から、物産館、レストランとも、午前9時からに営業時間を早めた。
レストランでは、「朝から元気に」と「朝食たまごかけご飯」をメニューに加え、物産館では、自社農場から直送される「朝とりたまご」をはじめ、「野菜コーナー」では280人を超える地元生産者の方々の新鮮野菜が、早朝から買えることとなった。
2016年4月14日(木)16日(土)の熊本地震で、菊池市は震度5強、6強と強い揺れに見舞われたが、コッコファームでは農場の被害は避けられなかったものの、鶏たちの産卵には影響がなかった。
そんな中、産みたての卵は従業員総出で集めた。
そして「たまご庵」は、この地震から3日後には仮の営業を再開した。「どうせ自宅は被害受けてるし、それよりも、コンビニも商店も被災したし、何とかしてお客様の立ち寄る場所を作ってあげなければ、との思いが強かったですね」と販売部課長で広報担当の前田さちよさんは当時を振り返った。スタッフ、従業員、被害が軽くて済んだ生産者の方々と一丸となって、連日かしわ飯を作り、数千個の卵をゆでた。ゆで卵は無料で配布し、かしわ飯は、購入した水でご飯を炊いて作った。それを、一パック100円で販売した。採算を、ではなく、地域のために、が合言葉だった。
そして4月末には水道も復旧し、5月1日(日)から、ほぼ通常通りの営業に戻ることができた。「県内外からのボランティアの方々には心から感謝しています。おかげで私たちも頑張り続けられました」と前田さん。

これから秋の行楽シーズンだが、「たまご庵」は、準備万端。物産館には、このほか、農場自慢の「鶏肉」や「鶏肉加工品」、「卵白シフォンケーキ」や「シュークリーム」などの手作りスイーツ、かしわ飯弁当、たまご焼き、たまごサンドなどが並ぶ。
人気のたまごサンドは、たっぷりのたまごが美味しさの証だ。
物産館に隣接するレストランでは、一番人気の「ふわとろデミソースオムライス」を食べたい。土日や祝日のランチタイムは行列必至だが・・・・。
濃厚デミグラスと、とろとろ卵ならではのふくよかな甘みが絡んで、実に優しく、ライスとはいえ、のど越しも抜群だ。
「とろ~り半熟親子丼」もおススメだ。こちらは二番人気とのことで、添えられたスプーンが、なぜか食を誘う。
たまごがW(ダブル)の「たまご丼」も、肉に惑わされることなく、卵をじっくり味わうのにはもってこい。
トッピングの温泉卵は、チョンとつつくと、トロトロの鮮やかな黄身が…。この色合いがたまらない。
レストランには、こんなコーナーも。実にありがたい気配りだ。家族連れや小さなお子さん連れでも、ゆっくりとランチを楽しんでもらおう、との気配りが嬉しい。
_____________
レストランメニュー(一部)
ふわとろデミソースオムライス(スープ付き)830円
とろ~り半熟親子丼(味噌汁・漬物付き)810円
とろ~り半熟たまご丼(味噌汁・漬物付き)720円
朝食たまごかけごはん(味噌汁・漬物・日替わりトッピング付き)390円
さらに、10月限定ランチとして、以下が用意されている。
パンプキンオムライスランチ750円
カルボナーラランチ750円

なお、アクセスについて、菊池市へは、大分市や臼杵市、豊後大野市、竹田市からだと、国道57号がおススメだ。阿蘇市「赤水」の交差点から県道23号(菊池赤水線)へ右折し、二重峠(ふたえのとうげ)を経て国道339号(ミルクロード)へ。二重峠から眺める景色にも癒される。
▲二重峠から見る阿蘇平野

ただ、国道339号は、山間を走るだけに、コンビニも道の駅もない。道路わきには、震災の傷跡さえ残る箇所も…。
とはいえ、沿線には、4,5か所の仮設トイレが設置されている。う回路とはいえ、嬉しい「おもてなしロード」だ。
国道339号を走ると、国道325号へ突き当たる。交差点を右折して、しばらく走れば菊池市で、道路沿いにコッコファーム「たまご庵」が見えてくる。
熊本県菊池市といえば、秋のヒーリングスポットとして「菊池渓谷」が有名だが、残念ながら、度重なる地震や長雨等の影響で、「本年度中の入谷は難しい」とのこと。そんな菊池市だが、震災からのさらなる復興へ向け、元気印の、勇壮な武者行列が自慢の「きくち秋まつり」や、実りの秋、食欲の秋を満喫してもらおうと「菊池に行こう!百姓三昧」が用意されている。
コッコファームの「たまご庵」とセットで、この秋の、ドライブコースに加えてはどうだろう。

MAP

<スポット情報>
店名:コッコファーム「たまご庵」
住所:熊本県菊池市森北1077
電話:0968-24-0007
時間:物産館(9:00~18:00)レストラン(9:00~17:00)
駐車場:140台(無料)
レストラン席数:88席

関連記事

  1. 夏にこそ食べたい…辛さツートップのマーボーラーメン
  2. 手打ちそばならではの味わい!「ここね庵」がオープン
  3. 猪料理半世紀!肉の宮本の「猪鍋」は「ぼたん鍋」
  4. 竹田バルは味わい28店舗。名物「ごまうどん」も復活
  5. 恋するメロンパン「カメロン」は、どこから食べる?
  6. ポスカで描く神楽は迫真の舞い…真澄アキヒロ作品展
  7. ハハノテの月一野菜マルシェ…1月は、手作り味噌で
  8. 次代に受け継ぐ!「御嶽山桜ロード」のスーパービュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP