大分県

大鍋トマトリゾット「鶏肉と海鮮」…どっちに並ぶ!?

▲2015年11月3日撮影

大分県竹田市荻町で、2016年11月3日(祝)、今年で11回を数える「トマト天国inおぎ」が開催される。
注目は大鍋で作る二つのトマトリゾットで、「トマトと鶏肉」と「トマトと上浦海鮮」の二つのリゾットが用意される。海鮮リゾットに使用するアサリやイカ、海老などは、荻町と交流のある佐伯市上浦産。どちらも大人気のリゾットだけに、行列必至。
午前10時を過ぎると、11時30分からの販売開始に向け、準備が始まる。縦1メートル、横1メートルの大鍋にオリーブオイルとニンニクが香る。

▲2015年11月3日撮影

こちらは、「海鮮リゾット」で、ニンニクの香りが漂う中、玉ねぎを炒め、色が変わってきたらアサリやエビ、イカを入れる。

▲2015年11月3日撮影

しめじもたっぷりと…。▲2015年11月3日撮影

しめじがしんなりしてきたら、ザザッと米を投入する。
▲2015年11月3日撮影

ゆっくり混ぜながら、米を他の具材と馴染ませたら、白ワインで香りづけ。そして、いよいよ、荻町の顔、新鮮&完熟トマトが加えられる。
じんわり丁寧にかき混ぜていく。トマトの赤色に、心がはやる。
▲2015年11月3日撮影

ブイヨンを注ぎ、混ぜ合わせていく。
▲2015年11月3日撮影

塩コショーで味を整えたらバター、チーズを加え、さらに混ぜ合わせる。
パセリを振る。鮮やかなグリーンが食を誘う。
▲2015年11月3日撮影

とろみもいい感じで、そろそろ食べごろ。本格リゾットの完成だ。
▲2015年11月3日撮影

すでにリゾットコーナーの前には、長い列。列は2列で、縦に並びきれずに弧を描く。
▲2015年11月3日撮影

列の向かう先が、「海鮮リゾット」か「鶏肉リゾット」なのか、確認してお好みの列に並ぼう。どちらのリゾットに向かうのか、確認せずにお楽しみ気分で並ぶのも、悪くはない。
▲2015年11月3日撮影

リゾットは、並ぶ二つの鍋で、同時に販売される。鶏肉リゾットも海鮮リゾットも、一食100円。先着250食ずつ、合計500食を売り切れば、午前の部は終わる。
▲2015年11月3日撮影

午後からも、午前の部と同様に、鶏肉、海鮮、それぞれ250食ずつの計500食が販売される。午前の部に並ぶか、午後の部に並ぶかはあなた次第。
なお、この日の大鍋リゾットは、午前と午後で1000食の販売だが、使用するトマトは160キログラムで米は30kgだと…。
さらに新鮮なトマトや野菜が盛りだくさんの「高原野菜サラダバー」も、午前11時30分からオープン。まさに、「ベストオブ荻」を食べ尽す、だ。
▲2015年11月3日撮影

サラダバーでは、お好みの新鮮トマトや高原野菜をてんこ盛りで味わおう。これで一食100円と、リゾット同様、嬉しいコスパだ。
▲2015年11月3日撮影

この日は、第37回荻ふるさと祭りも同時開催される。
荻町と言えば、から揚げで名高い「丸福本店」だ。本店は、テイクアウト専門で、今年も「うまいもん市」に出店する。この機会に本店のから揚げを味わってはどうだろう。
▲2015年11月3日撮影

珍しい機械の展示コーナーでは、かつて脱穀機などを動かすために大活躍した数々の発動機が並ぶ。規則正しく響き渡る「音」や白い煙から漂う「匂い」に癒されるのもいい。
▲2015年11月3日撮影

チャレンジ好きなら、ジャンボかぼちゃの「重量当てクイズ」(14:35~)や、「トマトと友だちになろう!〇×クイズ」(12:15~)がおススメだ。
▲2015年11月3日撮影

このほか、会場内では「子ども神楽」(9:15~&14:55~)や荻小学校児童による合唱・合奏(10:05~)、緑が丘中生徒による合唱(10:25~)、「荻神社神楽」(10:50~)、スコップ三味線(14:05~)などが開催される。

<イベント情報>
イベント名:第11回トマト天国inおぎ&第37回荻ふるさと祭り
期間:2016年11月3日(祝)
会場:荻福祉健康エリア
住所:大分県竹田市荻町恵良原1772-7
電話:0974-68-2211(荻支所地域振興課)0974-68-2209(九州アルプス商工会荻支所)0974-63-1224(JA豊肥事業部)
時間:9:00~16:00
駐車場:臨時(無料・送迎あり)
MAP
https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%AB%B9%E7%94%B0%E5%B8%82%E8%8D%BB%E7%B7%8F%E5%90%88%E7%A6%8F%E7%A5%89%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/

関連記事

  1. 久住高原の「吹きガラス工房」が地震乗り越え復活
  2. カフェ「パラム」のサンドは石窯が自慢の袋詰めタイプ
  3. 火の粉舞い、湯しぶき飛び散る「上田原湯立て神楽」
  4. 味噌と焼豚ならぬ「焼猪」に自信ありの「猪ラーメン」
  5. 猫の恩返し…ちっちゃなカフェ「森のごはんや」
  6. ガラスの灯籠と竹のワークショップで竹田を楽しむ
  7. 夏こそ飲みたい…米こうじの甘酒は夏の最強ドリンク
  8. 米粉とマカロンと朝摘みイチゴのクリスマスケーキ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP