大分県

オクマル朝の野菜マルシェ…2月は冬野菜の漬物デー

大分県竹田市の自然食品の店「ハハノテ」で、2017年2月25日(土)に「オクマル朝の野菜マルシェ」が開催される。オクマル朝の野菜マルシェは、毎月一回、第四土曜日に開催されるもので、お楽しみは手作りの良さを体感するワークショップ。1月のテーマは味噌づくりだったが、2月のテーマは冬野菜の人気者、白菜と大根で作る漬物だ。
沢庵漬けにする大根は、スーパー等の店頭では、あまり見かけなくなった白首大根。沢庵に適している大根で、緑色帯びた部分が全くない。頭から尻尾まで真っ白な大根だ。
漬物づくりを指導するのは、豊後大野市清川町の今泉農園の今泉明日香さん。今泉さんは、自宅の軒先で、今回使用する白首大根を乾燥中だ。「大根が『つ』の字に曲がるぐらい干しあがると漬け時です」と今泉さん。
大根も白菜も、今泉農園で、無農薬、無化学肥料で土の力を最大限に引き出した循環農法で栽培されたものだから、安心度も安全度も最高だ。
白菜は、カットして一日ほど天日干して漬ける。「3日目からは美味しく食べられます」と今泉さん。
_________
漬物ワークショップ
日時:2017年2月25日(土)11:00~
内容:漬物二種(白菜と大根)
参加費:1000円
参加予約:080-8398-7485(池見)

漬物ワークショップで漬ける大根や白菜は、ジップロックで持ち帰ることができる。
大根漬けなら、そのまま重石を乗せて3週間ほど、白菜なら3日ほどで食べることができる。

ハハノテの店長、池見彩さんは、「前回の味噌づくりに続いて、今回も今泉明日香さんが教えてくれます。砂糖を使わず、菌の力を生かした昔ながらの漬物です。季節の手仕事を一緒に楽しみましょう」と。
もちろんお子様同伴でもOK。子どもの遊べるキッズコーナーもあるので安心だ。
さらに朝の野菜マルシェは、竹田市と豊後大野市を中心に集まった、地元の農家さんと出会える場でもあり、こだわりの新鮮野菜や手作り加工品の販売も行われる。生産者の方々と直に触れ合えるので「今まで知らなかった」を知り、選りすぐり情報をゲットするには持って来いだ。
なお、今回も「物々交換ブース」が設けられる。池見さんは「まだまだ使えるけど、うちじゃもう使わないモノなどなど、持ち寄ってみんなで使っていきたいなと思います」と。用意されるタグ(札)にメッセージを添え、「モノ」と「心」を皆んで通い合わせよう、というわけだ。

店名:自然食品の店「ハハノテ」
ハハノテFB↓
https://www.facebook.com/hahanote.naturalfood/
住所:大分県竹田市竹田2266-1
電話:080-8398-7485(池見)
時間:10:00~17:00(月曜日~14:00)
営業日:月・水・金・日の隔日
駐車場:10台(無料)

関連記事

  1. 宇目町の「山のごまだしうどん」は渓流の女王!山女魚
  2. チャレンジャー「大王飯店」の中華定食は名店仕込み
  3. 週末は、神楽亭のガッツリ丼トリオでスタミナもOK
  4. かき氷一番人気は、自家製抹茶みつの宇治金すぺしゃる
  5. 猪料理半世紀!肉の宮本の「猪鍋」は「ぼたん鍋」
  6. 川越しまつり…我が子に会いに川を渡る裸神輿
  7. 営業再開!大分県竹田市直入町の豆富の店「湧水茶屋」
  8. 辛口チキンカレーと「シャケラート」のディープな関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP