大分県

蔵元ならではの酒粕まんじゅう!春限定は嬉しい桜色

大分県臼杵市の小手川酒造と言えば、安政2年(1855年)創業の蔵元で、蔵元ならではの酒粕まんじゅうが人気だ。
使用する純米吟醸「宗麟」を醸した酒粕は、実に芳醇で、しっとり生地に程よい甘さの餡子がグッドバランス。しかも、愛らしい一口サイズ。
今なら、春限定の桜色で、小豆餡と白インゲン豆の白餡がある。
小豆餡も白餡も、8個入り310円。火曜と金曜日のみ、4月上旬までの限定販売で、このピンクののぼりが目印だ。
<スポット情報>
店名:小手川酒造
http://www.fundokin.co.jp/kotegawa/
住所:大分県臼杵市大字臼杵538
電話:0972-62-3335
時間:8:30~17:00
※酒粕まんじゅう販売:火曜日、金曜日10:30~17:00(売切れ有り)
休業日:無休
駐車場:6台

関連記事

  1. 味噌と焼豚ならぬ「焼猪」に自信ありの「猪ラーメン」
  2. スプーンで食べるドライカプチーノはデザートな味わい
  3. 傾山で山開き!いよいよ待ちに待った夏山シーズン到来
  4. 名水育ちの「中華そば」は、自家製平打ち縮れ麺が自慢
  5. ランチにディナーに「ホテル岩城屋」のステーキフェア
  6. 九重森林公園スキー場でブルーグラスの夏をエンジョイ
  7. 夏を涼しく…カフェSnowpotの冷え冷えパスタ
  8. 九州ふっこう割70%OFFで、奥豊後三名瀑を巡る旅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP