大分県

蔵元ならではの酒粕まんじゅう!春限定は嬉しい桜色

大分県臼杵市の小手川酒造と言えば、安政2年(1855年)創業の蔵元で、蔵元ならではの酒粕まんじゅうが人気だ。
使用する純米吟醸「宗麟」を醸した酒粕は、実に芳醇で、しっとり生地に程よい甘さの餡子がグッドバランス。しかも、愛らしい一口サイズ。
今なら、春限定の桜色で、小豆餡と白インゲン豆の白餡がある。
小豆餡も白餡も、8個入り310円。火曜と金曜日のみ、4月上旬までの限定販売で、このピンクののぼりが目印だ。
<スポット情報>
店名:小手川酒造
http://www.fundokin.co.jp/kotegawa/
住所:大分県臼杵市大字臼杵538
電話:0972-62-3335
時間:8:30~17:00
※酒粕まんじゅう販売:火曜日、金曜日10:30~17:00(売切れ有り)
休業日:無休
駐車場:6台

関連記事

  1. 高菜キムチの豪快トッピングなのに、これで350円!
  2. 時々カツ丼、時々名古屋のご当地グルメ「味噌カツ」
  3. 御嶽流神楽大会は、御嶽、浅草、深山の流派が揃い踏み
  4. 緒方のチューリップ開花状況!2016.3.22
  5. 吉四六ランドで夜桜ライトアップと吉四六まつり
  6. 大分県立農業大学校の農大祭は農業の魅力満載の元気印
  7. 秋だ、新米だ、湯平温泉で新米フェスタ「よ~い丼」だ
  8. パラムの「ヌンコッピンス」は、まるで降り積もる粉雪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP