大分県

100種のチューリップ…並ぶ名札が春待つ喜び誘う

大分県豊後大野市緒方町の春を満喫するチューリップフェスタは、2017年4月1日(土)に開幕する。フェスタの会場となる日本の滝百選の「原尻の滝」や道の駅「原尻の滝」周辺の田んぼでは、昨年12月に植えられたチューリップは40万球超で、土の中で開花への準備を始めている。40万球の、2017年の開花レースの始まりだ。
毎年人気の、色とりどりのチューリップを見渡せる「100種コーナー」では、ズラリと並んだ白い名札も見応え充分。場所は、幅120m、高さ20mの「原尻の滝」と道の駅「原尻の滝」の間あたりだ。
名札には、チューリップの品種名が書かれており、その本数は、110本だと…。嬉しいことに今年は、110種のチューリップが一望できる、というわけだ。
ちなみに、ここに咲くチューリップは「アバンギャルド」で「芳香」の文字が添えられている。ひと際香るのだろうが、どんな花を咲かせ、どう鼻先をかすめるのか、今から楽しみだ。
このほか、名札には「シャムール」をはじめ、「ラブラドール」「フィノラ」「キャンディクラブ」「ベルサーチ」「マリージョー」「ハッピーファミリー」「マウリーン」「カーニバルレデニース」など110種の名前が並ぶ。
チューリップは、早生咲き、中生咲き、晩生咲きと咲く時期も異なるため、一斉に咲き揃うことはなかなか期待できない。気になるのは、早生品種の中のどのチューリップが開花レースのトップを走るか、だ。開花時期が3月の上旬過ぎか、中旬に入ってからか、気候条件とともに注目したくなる。
上の画像は、2016年4月3日(日)に撮った100種コーナーの様子だが、今年もグッドタイミングで、満開の桜とともに咲き並ぶチューリップが楽しめることを期待したい。

<イベント情報>
イベント名:第25回緒方町チューリップフェスタ
期間:2017年4月1日(土)~4月14日(金)
会場:道の駅原尻の滝周辺
住所:大分県豊後大野市緒方町大字原尻936-1
問合せ:0974-42-2111(豊後大野市緒方支所)
駐車場:道の駅原尻の滝&指定臨時駐車場
MAP
https://www.google.co.jp/maps/place/%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85+%E5%8E%9F%E5%B0%BB%E3%81%AE%E6%BB%9D/

関連記事

  1. ピアノデュオ宮崎兄妹のレッスンでピアノ弾く楽しさを
  2. 野口朝日堂のロングセラー名物「うず巻」は驚きの長さ
  3. 杵築の「城下町ひいなめぐり」は、坂道に着物が似合う
  4. 一期一会のトルコライスは、旨さトリプルの豪快盛り
  5. 御嶽流神楽大会は、御嶽、浅草、深山の流派が揃い踏み
  6. 絶景スポットでペルセウス流星群…真夏の星を見る夕べ
  7. 晴れてよし、降ってもよし…七ツ森古墳の彼岸花が見頃
  8. がっつりランチは、ラーメンとチャーハンをセットで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP