おでかけ

絵本と想像力が翼 85ヵ国の世界旅行 板橋区

時間の流れが変わる場所

東京都板橋区本町にある『いたばしボローニャ子ども絵本館』(以下『絵本館』)を紹介する。最初に書いておきましょう、「ここを知らないのはもったいない」と。

『絵本の図書館』や『子ども図書館』は東京都内に数館あるが、海外の絵本を中心に2万冊以上の蔵書を誇る図書館となると全国でも稀。その「唯一」とも呼べる施設が『絵本館』だ。

▲ぬくもりを感じさせる入り口

『絵本館』は、学校のような角張った建物の3階にある。建物の前身は小学校(旧板橋第三小学校)で、校舎をそのまま利用する形で板橋区が引き継いだ。いま絵本館になっているのは『ランチルーム』という、教職員と生徒が触れ合うための部屋だったそうだ。

▲ステンドグラスは小学校時代からのもの

▲書架は海外絵本の宝の山

▲知ってみれば、たしかに学校っぽい

この図書館には、およそ85ヵ国の絵本が集められている。そう、ここは絵本に乗って世界旅行を楽しめる『想像力のエアポート』。

▲『仮訳つきえほん』のコーナー

このコーナーには、ボランティアの手による簡単な訳のついた絵本が集められている。棚プレートにはスロベニアやアラブ首長国連邦なんて国名も見える。

▲『仮訳つきえほん』の一例(スペイン)

外国語がわからなくても、仮訳を手がかりに絵本を楽しめる。

▲原本と翻訳本のセット

日本の絵本が海外に翻訳・出版されたもの、またはその逆のパターンの本をセットで集めたコーナーもある。2冊を読み比べることで、日本語だけでは気づかなかった新たな発見も。

■オープンな図書館

『絵本館』には、『海外絵本の充実度』と同じくらいユニークな特徴がある。それは、とてもオープンな図書館であることだ。
ここを利用するための条件は『地球人であること』。板橋区に住んでいない人もウェルカム。国籍も年齢も不問なのだ。

▲読み聞かせなどにつかわれる小部屋

靴を脱いで、柔らかいタイルカーペットにじかに腰をおろす。腹ばいになって読んだっていい。

▲別の角度でもう一枚

本棚の上には手作りの『ぐりとぐら』が。

▲赤ちゃんも、お母さんも

▲カレンダーも手作り

毎月のカレンダーは、ボランティア団体『いたばしてのひらの会』からの寄贈品。この図書館のなかにあるすべてのものが、優しく、懐かしく、心地よい。

▲きむらゆういちさんの絵本

3月には『あらしのよるに』や『ひとりでうんち』などの作者・きむらゆういちさんご自身による読み聞かせ会が行われた。

■この図書館ができた経緯

板橋区とボローニャ市(イタリア)の関係の始まりは、1981年に板橋区が『ボローニャ国際絵本原画展』を開催したことから始まった。その後は絵本を通じた交流が続き、2004年9月に『絵本館』が開館され、2014年には友好都市交流協定が結ばれいる。
イタリアのボローニャでは毎年春に『ボローニャ国際児童図書展』という見本市が開催される。ここに出展される図書は「一般的な『良書』にとどまらない、意欲的・クリエイティブな作品が多い」(『絵本館』)そうだ。その出展作品が板橋区に寄贈されるため、『絵本館』の蔵書には先鋭的な絵本が少なくないのだ。

■翻訳コンテスト

板橋区は毎年『いたばし国際絵本翻訳大賞』を実施している(2015年4月現在で21回)。これまでの受賞作は『絵本館』に展示されていて、誰でも読むことができる。

▲英語・イタリア語の両部門合わせて応募は1001作品

▲課題となった原書と合わせて受賞作を読むのも楽しい

▲元は小学校の校庭だった広場

午後のみ地域の住民を対象に開放されている。

▲同じ建物の2階には『板橋区公文書館』がある

■関連記事 → 『あなたの記憶がここにある 公文書館へ行こう

—————————————
『いたばしボローニャ子ども絵本館』
※閲覧のみ。絵本の貸し出しは行っていません
いたばしボローニャ子ども絵本館のサイト → こちら
Facebookページ → こちら
住所:東京都板橋区本町24-1(3階、エレベーターあり)
グーグルマップ → こちらのU
最寄り駅:都営地下鉄三田線『板橋本町』駅・A1出口から徒歩約5分
東武東上線『中板橋』駅・北口から徒歩約15分
国際興業バス『大和町』から徒歩7分『上宿(かみじゅく)』から徒歩約5分
電話:03-3579-2665
利用資格:全人類
開館時間:10時から17時
休館日:月曜日(祝休日と重なるときは直後の祝休日以外の日)
月末日(土・日・祝日と重なるときは開館し、直後の土・日・月・祝日が休館となる)
年末年始
蔵書冊数:約25,000冊(世界約85ヵ国)
※建物内に車椅子用のトイレあり。授乳スペースあり
—————————————

【032 取材日:2015.3.26】

関連記事

  1. いよいよ16日! ときわ台『つ・つ・つガーデン』
  2. 100円のやきとんがこんなにウマくていいものか?
  3. 「たいせつ」のちいさなパン屋 ゆめしょうてん
  4. 8月26日まで 伊藤キイチ作品展で『たぬ氏』に会う
  5. ついに本庁舎完成! テープカッターはキミだ 板橋区
  6. 耳石を知ると魚を食べたくなる講座 3月28日板橋区
  7. 人と犬と猫と鳥と風と光と命と 板橋区・小豆沢墓苑
  8. 元祖コッペパンと『しあわせのパンのうた』 板橋区

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP