大分県

神楽会館の定期公演で、伝統の神楽の醍醐味を満喫


大分県豊後大野市の神楽会館で、毎年恒例、毎月一回の神楽の定期公演が開催される。平成29年度の4月から平成30年度3月までの出演団体が決まり、そのうちの4月から7月までのポスターが作成され、4月分と5月分のチケットはすでに販売されており、6月分は4月18日(火)から、7月分は5月16日から販売がスタートする。
入場料は、各公演とも前売りで一般1000円、中学生以下500円。当日券は、一般1500円、中学生以下1000円となっているのでご注意を。
定期公演では、市内の神楽はもとより、市外各地の伝統の神楽が舞われる。各地に伝わる歴史ある流派ならではの面の形相や衣装、笛や太鼓、鈴の音に導かれる勇壮な舞は見所たっぷり。

定期公演が開催されるのは、いずれも豊後大野市清川町の「豊後大野市神楽会館」。国道502号線沿い、道の駅「きよかわ」に隣接し、赤ら顔の荒神のモニュメントがシンボルだ。

4月から7月までの日程、出演団体の詳細は以下の通りで、平成29年度の第一弾は豊後大野市三重町の、江戸時代末期に臼杵から伝わったとされる三輪流の「川辺神楽保存会」の「魔払い」と「荒神」だ。それに大分市の浅草流「國分神樂社」の「大蛇退治」「大神」だ。
なお、以下のチケットをコンビニローソンで予約する場合のLコード(LAWSONコード)は、いずれの公演も「82660」と共通だ。
________
4月公演(第94回)
日時:平成29年4月23日(日)13:00~16:00
出演団体と演目
・川辺神楽保存会(三輪流・豊後大野市三重町)演目「魔払い」「荒神」
・國分神楽社(浅草流・大分市)演目「大蛇退治」「戸開」「大神」
チケット発売:平成29年2月23日(木)~

________
5月公演(第95回)
日時:平成29年5月21日(日)13:00~16:00
出演団体
・御嶽流岩戸奥畑神楽
・浅草流大迫神楽
チケット発売:平成29年3月21日(火)~

________
6月公演(第96回)
日時:平成29年6月18日(日)13:00~16:00
出演団体
・浅草流細枝神楽(臼杵市)
・禰疑野神楽保存会(竹田市)
チケット発売:平成29年4月18日(火)~

________
7月公演(第97回)
日時:平成29年7月16日(日)13:00~16:00
出演団体
・浅草流黒松神楽
・竹野浦神楽保存会(佐伯市)
チケット発売:平成29年5月16日(火)

________
チケット販売場所
豊後大野市神楽会館
エイトピアおおの
市内各公民館
ローソンチケット

<スポット情報>
豊後大野市「神楽会館」
住所:大分県豊後大野市清川町砂田810番地
電話:0974-35-2372
公演席数:全席指定288席(車いす席3席、介助者席3席)
チケット扱い時間:8:30~17:00
駐車場:182台
MAP
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92879-6903+%E5%A4%A7%E5%88%86%E7%9C%8C%E8%B1%8A%E5%BE%8C%E5%A4%A7%E9%87%8E%E5%B8%82%E6%B8%85%E5%B7%9D%E7%94%BA%E7%A0%82%E7%94%B0%EF%BC%98%EF%BC%91%EF%BC%90+%E8%B1%8A%E5%BE%8C%E5%A4%A7%E9%87%8E%E5%B8%82%E7%A5%9E%E6%A5%BD%E4%BC%9A%E9%A4%A8/

関連記事

  1. 一口サイズの観音饅頭で年末年始のお茶の時間を和む
  2. 毎日が肉フェス気分…「神楽亭」の豊後牛パワー定食
  3. 時々カツ丼、時々名古屋のご当地グルメ「味噌カツ」
  4. 名物「頭料理」は岡藩城下町の庶民のアイデアグルメ
  5. 新感覚のかき氷「ヌンコッピンスの黄な粉餅」
  6. 大吟醸の地酒トリュフで大人なバレンタインデーを演出
  7. 財布も喜ぶ298円弁当は、毎日より取り見取り
  8. 咲き誇る神角寺のシャクナゲで癒しのひと時を

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP