大分県

水の国「いちご農園」で、ほのかに恋する乙女のほっぺ

大分県竹田市の道の駅竹田の「水の国いちご農園」が、2016年12月24日(土)のクリスマスの日にオープンした。
6棟1500平方メートルのビニールハウスでは、白い花や小さな青いいちご、ほんのり色づいたいちごや食べごろを迎えた真っ赤ないちごたちのグラデーションが出迎えてくれる。
いちごは、高設栽培で、90センチメートルの高さに、いちごたちが垂れるように連なる。いちご好きなお子さんたちが摘むには嬉しい高さだ。
ハウス内には、「紅ほっぺ」に「さがほのか」、「ゆふおとめ」の3品種のいちごが並ぶ。
オーナーの渡辺怜史さん(38歳)に、それぞれのイチゴの特徴をおしえてもらった。
まずは「紅ほっぺ」。
「紅ほっぺ」は、「大玉の品種で、紅色が鮮やか。味も濃く、甘味と酸味のバランスの良さが人気」だそうだ。
は「さがほのか」。これは「酸味は弱めですっきりした甘さがよろこばれます」と渡辺さん。
そして「ゆふおとめ」だが、これは「今の時期一番人気」だそうで「酸味がほとんどなく、甘さは濃いめ」だと。
酸味と甘味がグッドバランスの「紅ほっぺ」か、すっきりした甘さで酸味が少ない「さがほのか」か、それとも濃い甘味の「ゆふおとめ」か、それぞれのいちごの酸味や甘さのハーモニーを、この機会にじっくりと食べ比べてみたい。

「水の国のいちご農園」のいちごは、2016年11月21日に「安心いちばん・おおいた産農産物」として大分県の認証を受けた。認証番号は「00031」で認証期間は2019年11月20日まで。摘み取ったいちごは、洗わなくても安心安全なので、鼻先をかすめる甘酸っぱい香りと共に、摘み立てならではのシャキシャキ感がダイレクトに味わえる。
ハウス内には、テーブル席が並ぶ。おかげで、お爺ちゃんやお婆ちゃん、小さなお子さんといっしょの家族連れでも、摘んだいちごを安心してゆっくり味わえる。
摘みたてを好きなだけ食べられる「食べ放題コース」は制限時間40分。例年、30個から50個ぐらい食べる方が一般的だそうだが、50個以上にチャレンジしてみるのも楽しいだろう。
自分で摘んだいちごを持ち帰りたいなら「量り売りコース」がおススメ。制限時間はなく、試食もできるので、じっくりとチョイスしたい。家庭用にはもちろんだが、ピンク色の化粧箱も用意されているので、お土産や年始のご挨拶にも最適だ。
なお、化粧箱を利用する場合は、ひと箱につき2名が入場できるので、夫婦や親子でたくさんのいちごを詰めよう。料金は、今の時期100グラム200円。1キログラム詰めても2000円だ。

_______
もぎ取りコース
入場料なし&試食あり
パックも化粧箱も、量り売り:100グラム200円~150円
※春先に向け、値段は下がる
化粧箱の場合、ひと箱で2名まで入場OK
_______
食べ放題コース
時間:入園から40分
〇入場料金
大人:12月~1月(1500円)2月~3月(1400円)4月~5月(1300円)
小学生:12月~5月(1000円)
3歳から幼稚園:12月~5月(800円)

なお、いちご農園は、土曜日や日曜日、祝日や連休等で入園者が多い日には、閉店時間を早める場合があるほか、日曜日や祝日、連休等の翌日には臨時休業の場合があるので、お出かけの際は、事前に問い合わせたい。
電話:0974-66-3003(水の国いちご農園)

<スポット情報>
■水の国いちご農園
住所:大分県竹田市大字米納1152番地(道の駅竹田の下)
電話:0974-66-3003
時間:10:00~16:00
開園期間:~2017年5月中旬
席数:24席
休業日:不定休(いちごの状況による)
☆年末年始の休業:2016年12月31日(土)、2017年1月1日(日)
駐車場:農園脇及び道の駅竹田(70台・無料)
MAP
https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%B0%B4%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%82%8F%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%8F%E8%BE%B2%E5%9C%92%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%94%E7%94%9F%E7%94%A3%E7%B5%84%E5%90%88/

■道の駅竹田
住所:大分県竹田市米納663-1
電話:0974-66-3553
営業時間:8:30~17:30(~6月末)

関連記事

  1. 記念日に、ご褒美に…秘境白川源泉「竹ふえ」
  2. 涼味一直線…湯平温泉の石畳通りで豪快にソーメン流し
  3. TOSO屋の庭咲き桜の定期便「桜レアチーズケーキ」
  4. 夏を涼しく…カフェSnowpotの冷え冷えパスタ
  5. GWは「レゾネイトクラブくじゅう」で温泉タイムを
  6. 復活!往年の一村一品、生芋100%の「こんにゃく」
  7. 岡城跡の石垣紅葉と郷土のおやつ「やせうま」に心和む
  8. 圧巻!天をつく「原尻の滝」の新春を飾る一斉放水訓練

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP