グルメ

「鮮度のかりん糖」念願の『揚げたて』登場! 板橋区

□かりん糖の真のおいしさを、あなたはまだ知らない□

東京都板橋区『中野製菓』の新製品『揚げたてかりん糖』を紹介する。

多くのメーカーがかりん糖の賞味期限を3ヵ月としているが、中野製菓はぐっと短い1ヵ月。これは社長である中野万博(以下:バンパク)さんの「揚げたてがいちばんおいしい。だから一日でも早く食べてほしい」という想いを表したものだ。
4月1日、その中野製菓が新製品『揚げたてかりん糖』の試験販売を行った。過去に工場直売会で試食用として提供されることはあったが、商品として『揚げたて』が販売されたのは初めてのことだ。

▲この日は30袋の限定販売

▲『揚げたて』登場

▲試食用もたっぷり。「ひとつと言わず、どんどん食べて」

「あったかい!」「サクッと軽い!」「ぜんぜんちがう!」そして「おいしーい」の声が。

▲横浜から買いに来た方も

▲まだ温かい『揚げたて』が蝋引きの紙袋に入れられ、一箇所だけが無針ホチキスで留められる。1袋15本入りで300円(税別)

冷めてから移し替えるためのポリエチレン袋もついている。

▲製造日は4月1日。賞味期限は当日を含めてわずか3日間だ

■『揚げたて』レビュー

『揚げたて』の中身は、中野製菓の看板商品『黒糖かりん糖』。『区民が選ぶ板橋のいっぴん』にも選ばれている名品である。
この日集まった人たちの注目ポイントは「通常の状態でもおいしい『黒糖』は、『揚げたて』だとさらにおいしいの?」。言い換えれば「温かいだけじゃないの?」だ。結論はすぐに出た。『黒糖』よりあきらかにおいしい!(中身は『黒糖』なんだけどね)。

この日は『揚げたて』の登場まえに『黒糖』を試食して両者を比べることができた。板橋区の地域編集長・タハラの感想は「『揚げたて』のすごさは『軽さ』にあり」だ。かりん糖を噛み切るときに力がほとんど要らない。と言っても軟らかいのではなく「堅さが軽い」のだ。咀嚼のたびに感じる「軽さ」が楽しい。よもや中野製菓の『黒糖』が霞んで見える日が来ようとは。

■持ち帰ってあれやこれや

『揚げたて』なんだから、買ったその場で全部食べたい。と思いつつ、3本ほど残してゴーホーム。

▲外見は通常の『黒糖』と変わらない

▲断面を拡大鏡で観察。ノーマルは製造日から4日経ったもの

4日めのものと比べて『揚げたて』には2点のちがいがあるようだ。
ひとつは表面にコーティングされた黒糖の状態。4日めが明確な「層」になっているのに対し、『揚げたて』は輪郭がぼやけている。これが「ひと噛みめ」の歯応えの原因か?
ふたつめは、内部繊維の結合の様子。写真ではわかりづらいが、『揚げたて』のほうが「つながりが柔らかい」と感じだ。その差を誇張して言うと「同じ太さのピアノ線と糸」かな。
(※あくまでタハラの感想です)

■中野製菓、65年めの到達点

現社長のおじいさんにあたる創業者・中野竹三郎氏が屋台のかりんとう屋に出会ったことが、中野製菓の原点だそうだ。屋台ならば、そのかりん唐が『揚げたて』だった可能性が高い。
中野製菓は二代め、そして三代めの現社長・バンパクさんと歴史を重ねながら、味と品質を向上し続けてきた。しかし、進歩の裏にはつねに「いちばんおいしい揚げたてを食べてほしい」という課題が貼りついていたにちがいない。
2015年4月1日、65年にわたる念願がついに現実となった。もうね、葉加瀬太郎のバイオリンが聴こえてきそうですよ。

▲バンパクさん、ついにやりましたね!

※『揚げたてかりん糖』の発売予定は中野製菓のFacebookページでご確認ください。

■関連記事 →「工場直売で『かりん糖の鮮度』を知る

————————————–
『中野製菓株式会社』ホームページ → こちら
Facebook → こちら
住所:東京都板橋区中丸町28-14
グーグルマップ → こちらの V
最寄り駅:東武東上線『大山』駅
南口から約850メートル 徒歩約11分
電話:03-3955-5585

工場直売所営業日時:毎週水曜日・土曜日
8時から17時

通信販売あり → こちら

————————————–

【034 取材日:2015.4.1】

関連記事

  1. その名も『最高おにくセンター(肉)』! って、何?
  2. 絵本と想像力が翼 85ヵ国の世界旅行 板橋区
  3. 板橋ランチその1 「実直」のオムライスとカキフライ
  4. 「パンにも旬がある」と教えてくれるかぼちゃあんぱん
  5. 『コーヒーのまんまんなか』はベルニーニにあり!
  6. 板橋のコーヒー好きは知っている 『ワイルド珈琲』
  7. 板橋ランチその8 ファンタスティコ!『木曜館』
  8. 8月26日まで 伊藤キイチ作品展で『たぬ氏』に会う

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP